無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする

こそあど談話室
俳号・名前
メール アドレス (非公開)
タイトル
コメント
文字色
画像
かえる HOME談話室御座留俳々集新月楼俳々塾
会費なし、会則なし。ご入会は→ 会員登録
  季重ね  楚良 
2011/11/28 17:55  [返信]
萬坊さま、さとうたまごさま

文字一つだけ間違えただけでも、その句の雰囲気が全く変わり気をつけなくてはなりませんね。。。

季重なりの所感ですが、季語そのものに意味、習わしがあるので、重ねてしまうと、その句の主体(言いたいこと)がぼやけてしまうのではないかと思います。
読み手のイメージに損なうものでなければ、季重ねでも無季でも宜しいかと思います。
季重ねを気にし始めたのは、昭和以降だと思います。
季語を定めたのは「ホトトギス」であり、その「ホトトギス」でも高濱虚子編集の「ホトトギス雑詠選集」を見れば季重ねが多く出てきます。
明治末は無季自由vs有季定型があり、大正時代は「ホトトギス」全盛を迎えます。昭和になると有季定型にマンネリが出て来てしまい、山口誓子の<取り合わせ>、大須賀乙字の<二句一章>、そして藤田湘子<二物衝撃>があります。
(「鷹」は、湘子が提案したことになっておりますが、昔からありましたので、念のため)
他にも切れ字の併用、空想句は作らない、子供の句は駄目、感動を表に出さないとか、いろいろ縛りがありますが、
今は結構崩れて来ているかと思います。
季重ねはちょうど団塊世代(六十歳以上)の人たちが、俳句を習ったときに上記の縛りがあったので、それが今でも生きているかと思います。
その次の世代になると、その縛りも薄れて来ているので、今後も俳句の見方も変わっていくかと思います。
俳句にしても、今(旬)を読んでいかねば、すぐに過去の遺物になってしまいますので、私たちが良き読み手となって、選評をしていかねばならないかと思います。
  ぐみ 
2011/11/29 05:40  
Re:楚良さま、お忙しいのに、ご丁寧なコメント有難うございました。子供の句は駄目なんて、今は余りいわれないと思いますが、空想句は作らないというタブーを守って居られる向きにひと言。絵画でも、アカデミックを遵守はそれで
いいですが、ピカソも写実の時代を経てあの抽象に至っています。前衛俳句というジャンルもありますが、絵と同じで、目だけで作るのではなく、頭脳先行の作句、おおいに良しではないでしょうか。個性的、ユニークさが第一と考えるものです。人と同じぢゃつまらない。
  楚良 
2011/11/29 10:18  
Re:ぐみさま

俳句談義は良いですね。。。
前衛俳句でひと言。<ひるがほに電流かよひはせぬか><この樹登らば鬼女となるべし夕紅葉>などの三橋鷹女。また金子兜太もそうですね。彼ら自身は前衛と思って作句していないのに、その周りの読み手が自分たちの知る俳句とは違うだけで「前衛」とひと纏めにされたような気がします。
それから<水の地球すこし離れて春の水><ヒヤシンススイスステルススケルトン>の正木ゆう子。僕にとっては、鷹女の作句と変わらないと思いますが、前衛とは言われず、現代俳句と認められているのは不思議です。
前述にも書きましたが、絵画にしても、その絵(句)を見る(読む)人がどう感じ、どのように評価するかです。
なので、読み手はしっかりとした目を持たねばなりません。
  季重なり  ぐみ 
2011/11/27 03:54  [返信]
00781の疑問1でどちらも季語でありと季重なりに触れて居られるので、ご意見を是非お伺いしたいです。
検索しましたら

季節的に統一が取れていれば問題がない。
例えば(名残雪・春の窓)の組み合わせのように、どう考えても同じ季節の事がダブっていて、くどい。…こんな場合避ける、と考えればよい。

というような意見が出ていました。最近はわざわざ二重季語を入れるやりかたもあるらしく、その辺はどうなのでしょうか。子規の句にも二重季語はありますし。未熟な私はとにかく、季重なりは避けることにしていますが。
  皆さーん  ぐみ 
2011/11/05 03:34  [返信]
お忙しいでしょうけど、御座留を覗いてみて下さい。
頭の体操になりますよー。
  萬坊 
2011/11/05 16:11  
Re:6本考えました。俳句にはなっていませんが575にはなっています。11月5日を回文記念日にしたいくらい頭を使いました。
  楚良 
2011/11/17 11:18  
Re:初回文してみましたが、季語がない・・・
体操になるどころか、片頭痛になりそうです。
  50号の裏表紙  萬坊 
2011/11/05 11:52  [返信]
みなさん気がついていないと思いますが、50号裏表紙の蛙のかついだ熊手に50の数字を入れてみました。昔のパソコンのMACにはこういう隠しコマンドの遊びがやたら入っていました。
  50号  萬坊 
2011/11/01 18:24  [返信]
俳々倶楽部 50号「とりあえず版」をアップしました。校正・レイアウトもアマイです。
てにをは 。、 お気付きの点があればメールください。 修正します。
  楚良 
2011/11/02 10:58  
Re:50号記念「俳々集」(仕事中でありながら)最後まで見させて頂きました。
たかが4年、されど4年。
見事なアンソロジーであることに間違いなしです。
これも萬坊さまの尽力の賜物です。
これからも拙きながらも参加させて頂きます。

また時間があるときに、いままでの「俳々集」読ませて頂きます。
  ぐみ 
2011/11/05 03:24  
Re:50号記念の表紙、50の文字をアレンジして素晴らしい効果ですね。兼題をまかせられた時、既出のものとダブらなように遡って調べましたが、けっこう大変でしたので、50号分の総目次はどんなにハ−ドな作業だったか、お察し申し上げます。思えば第一号からヨチヨチと皆様に着いて此処まで来ました。これからもどうぞ宜しくお願いします。
  お元気ですか?  ひつ 
2011/11/01 09:36  [返信]
萬坊さま
お元気ですか?最近お声がないので心配してます。
  萬坊 
2011/11/01 11:03  
Re:ひつ ひつじさんですか?
はぁはぁい たえだえ でございます。50号もう少々時間をください。
  楚良 
2011/11/01 14:50  
Re:萬坊さま
急ぎませんので、のほほんとお待ちしております。
  よろしく。  萬坊 
2011/10/07 23:43  [返信]
8(土)9(日)10(月)旅行でパソコンから離れます。
俳々集投句の方への返信は11日になります。
  楚良 
2011/10/11 09:40  
Re:10日までに作句は出来ておりませんので、ゆっくりと楽しんできて下さいませ。
  49号アップ  萬坊 
2011/10/01 02:20  [返信]
49号発行しました。間違いがあればメールください。
連綿座、御座留もよろしくお願いします。
  48号拝見  楚良 
2011/09/03 08:58  [返信]
萬坊さま
毎回お忙しい中、立派な俳誌作成有難う御座います。
兼題「白」は、色のイメージが大きすぎたのが原因、没句となった2句が他の方と共感できず、残念でした。
非力ながらも手伝えることがあればご連絡して下さいませ。

瑞紀さま
初参加ながら見事な活躍でしたね。
退院の句はイメージが良くて選に取らせて頂きました。
今後も貴方さまのご活躍楽しみにしております。

なをさま
お久しぶりです。
なをさまワールドが分からず、選が取れずに済みません。
次回は選にしてみまーす。

  瑞紀 
2011/09/17 16:18  
Re:楚良さま
我が拙句をお選び下さり有難うございます。
ビギナーズラックに終わらぬよう励みたいと思います。

萬坊さま
読み応えのある俳誌有難うございます。

今日近所の小学校で、運動会です。
子供が参加していたときは、大騒ぎでしたが、
卒業してしまった今は、懐かしい行事。
譬えが変ですが、
投句させていただくと読み方が変わります。
選句のコメントは、初めてで、
見当違いなことを申し上げていたらご容赦ください。
  楚良 
2011/09/18 10:06  
Re:瑞紀さま

子育て一段落されたんですね。。。
僕は小二を筆頭に、毎日が戦争です・・・
  第十二回 御座留「啄木鳥場所」  萬坊 
2011/09/15 11:07  [返信]
第十二回 御座留「啄木鳥場所」を開催します。挑戦お待ちしています。くわしくは 御座留 をクリックしてください。どすこい。




レノボ週末クーポン   掲示板の作り方   CGI改造作成
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板