無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする

俳号・名前
興行名
コメント
文字色
画像
パスワード パスワードの保存
かえる HOME談話室御座留俳々集新月楼俳々塾
投句はここから
  わびぬれば霞む悪事に不感症  ぐみ 
2008/02/27 18:39  [返信]
霞 春の季語。
わびぬれば は20番目の和歌。
  あし引きの手抜きマンション春の地震  ぐみ 
2008/02/27 18:36  [返信]
地震は「なゐ」と読みます。
手抜きがあるなら足引きという新語もアリ?
あし引きの は3番目の和歌。
  かささぎの春雨チャンス傘高値  ぐみ 
2008/02/27 18:30  [返信]
詐欺師にクロサギ、シロサギがあるというTVドラマをみましたので傘詐欺もいるのでは・・・
かささぎの は6番目の和歌。
  小倉山小倉アイスの好きな彼  ぐみ 
2008/02/27 18:21  [返信]
小倉山 は26番目の和歌。
  ちはやぶる地は破る蛇穴を出づ  ぐみ 
2008/02/27 18:18  [返信]
落語では千早がふったということになってますが
17番目の和歌では ちはやぶる に。 
  天つ風黄砂運ぶな鳥帰る  ぐみ 
2008/02/27 18:11  [返信]
角川の歳時記では黄砂は季語になっていません。
天つ風 は12番目の和歌。
  なを 
2008/02/28 05:58  
余計なお世話 ごめんなさいm(__)m
角川春樹編の歳時記では「黄沙・黄砂」は「霾」の傍題として載っています。失礼いたしましたぁ〜
  ぐみ 
2008/02/28 06:35  
仰せの通りでした。 ちゃんと調べたのでしたが、せいては事を仕損じるでした。でも読んで下さっていると解ってすごく嬉しいです♪御注意有難うございました♪

訂正句  天つ風荒れず護れや鳥帰る
  大江山酒天童子の絵凧舞ふ  ぐみ 
2008/02/27 18:06  [返信]
凧は春の季語。
大江山 は60番目の和歌。
  いにしへの恋物語る藤の房  ぐみ 
2008/02/27 18:02  [返信]
藤の花房を見ると源氏物語を思ってしまいます。
いにしへの は61番目の和歌。
  忘らるる昭和の風情春火鉢  ぐみ 
2008/02/27 17:57  [返信]
卓袱台(ちゃぶだい)も、オカンの割烹着(かっぽうぎ)も昭和の彼方へ。
忘らるる は38番目の和歌。
  山川に春待つ浪士の合い言葉  ぐみ 
2008/02/27 17:49  [返信]
赤穂浪士討入りのキーワード「山」と「川」。
本懐を遂げた日こそが春。

山川に は32番目の和歌。




レノボ週末クーポン   掲示板の作り方   CGI改造作成
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板