無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする

俳号・名前
興行名
コメント
文字色
画像
パスワード パスワードの保存
かえる HOME談話室御座留俳々集新月楼俳々塾
投句はここから
  君がためぎょうざを止めて菜飯とす  ぐみ 
2008/02/23 19:50  [返信]
格調高くない出来ですね。春の季語は菜飯。
百人一首の上五、ひとつとして同じのが無いのですね。
だから、歌留多遊びが出来るのだとあらためて納得。
  ぐみ 
2008/02/24 16:01  
前言訂正。「君がため」の出だしは二首あり。
15番目の光孝天皇の御歌と50番目の藤原義孝の歌。
「君がため」の次の言葉を待たないで札を取ると「お手つき」になる恐れがありますね。
  第八回 御座留「山茶花場所」  萬坊 
2008/02/23 03:02  [返信]
第八回 御座留「山茶花場所」小倉付です。興行名の欄に句を書き、コメント欄にもひとこと書いてください。小倉付は冠句に属するもので、題を小倉百人一首からとるものです。小倉百人一首は「デジ俳」一月号の「韻文朗唱」を御覧ください。企画も立体的になってきました。百人一首の上の句を借りてきて中七下五を詠みます。例句は、雑俳とはこういうものだという例でのせました。雑俳は「うがち」と「しゃれ」が基本ですから、俳句とはまったく違います。

吹くからに 第一に火のご用心  「吹くからに」とは「火吹き竹」を
忍ぶれど 色に出にけり盗み酒  「忍ぶれど」隠れて飲んだが
春すぎて 猫も見かぎる竃の下   季語の「かまど猫」のこと

和歌の品格に、俗をぶっつけ対比させることに雑俳の技があるのでしょう。ここ御座留では、俳句として格調高く進めます。百首の上五の中より選んで、続けて中七下五を詠んでください。今回は季節は無視しますが、季語は入れてください。御座留は次の題が出るまでが締め切りとします。句に対するコメントを付ける場合はその句の右端の返信よりお願いします。

  NEW  萬坊 
2008/02/22 12:05  [返信]
新興行はじめます。今晩発表。
  萬坊 
2008/02/22 22:40  
すみません。仕事でもたもた、都内を走り回っています。暫し待たれよ。
  パイ生地を伸ばす手元や春立つ日  ぐみ 
2008/02/03 14:45  [返信]
自家製のアップルパイ出来立てをどうぞ。
  丼に生海胆どんと盛られたる  なを 
2008/02/01 23:59  [返信]
ひと足早く春の季語です。生海胆 食べたい!!
  誕生日無き人の無し福寿草  治子 
2008/02/01 17:07  [返信]
もっと素直に詠めば 誰にでも誕生日あり福寿草
  生憎の雨濡れそぼつスキー靴  ぐみ 
2008/01/30 10:22  [返信]
パウダースノーを期待したのに…

またまた投句。性懲りもなくのショウは「生」じゃなかった。
  Rの付く月に美味増す生の牡蠣  ぐみ 
2008/01/29 17:16  [返信]
続いてもう一つ。度重なる登場、お眼ざわりでしたら御容赦を。
  生玉子に生醤油白米湯気立てて  ぐみ 
2008/01/29 17:08  [返信]
玉子かけ御飯だけを出す専門店があるそうですね。
冬の季語として「湯気立て」があるのを見つけました。
  春とほき学生帽のむかしかな  シナモン 
2008/01/27 12:38  [返信]
帽子の形と徽章で校名がわかった・・憧れもありました・




レノボ週末クーポン   掲示板の作り方   CGI改造作成
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板