無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする

投稿する

ここに小説を書きます。なお、管理人以外は書き込みはできませんのであしからず。

ホームページへ戻る

(73) 魂の恋人 投稿者:Tomoko MAIL URL
「魂の恋人……か」
 ジャンは、読みさしの本を膝の上に置いた。主人公が、燃えるような恋をする物語である。
「何読んでたんだ? ジャン」
 サービスが訊く。
「ん。何でもない」
「さっき、なんか呟いていなかったか?」
「気のせいだよ」
「ふぅん」
 それきり、サービスはどこかへ行ってしまった。休み時間である。
(俺の、魂の恋人は……)
 誰だろうな、と、ジャンは考えた。
 今までは、ライのことをずっと想っていた。今は――
(サービス……)
 ライにそっくりなサービスのことを、気にするようになっていた。
 それは、単なる淡い恋心ではないのだろうか。
 サービス。
 彼はライにそっくりだ。でも、違う。別人だ。
 だからと言って、ライに見かえるようなことはしない。それに、今はライよりもサービスが好きかもしれぬ。
(あいつを傷つける奴は、俺が許さない)
 そう思うまでになった。
 たとえ、自分自身であったとしても――

 自分の気持ちをはっきり自覚したのは、ビリーが現れてからだった。
 ビリーが要注意人物だったから、サービスがビリーを好きになったのを危険視していたのかもしれないが――。
 もし、ビリーがただの何の問題もない一生徒であっても、素直に祝福できただろうか。
 できる、と初めのうちは思っていたが。
 今はどうだかわからない。
 気付いてはならないことに気付いてしまったのだから。
 だが、彼が誰に恋をしようと、自分は身を引くしかあるまい。
 自分は、サービスに恋をしてはいけない。青の一族に想いを寄せるのはタブーなのだから。赤の番人として。
 そう思うと、胸が痛んだ。
 ビリーには、サービスが魂の恋人である、と打ち明けた。
 片思いでも構わない。
(俺は、ずっとサービスを想っていく)
 気の遠くなるほど生きてきた男として。それは切ないことだったけれど。
 サービスもいつかは死ぬ。
それまでは、一緒にいたい。
 自分一人が持ち続ける恋心。長い長い時が、忘れさせてくれるかもしれない。
 この辛さが、穏やかな思い出に変わることを望んでいる。
 それまでは、胸の中で密かに想い続ける。 
 サービス。俺の――魂の恋人。
 
後書き
ジャンが『マジック総帥の恋人』でビリーに言った、『魂の恋人』のことについてのフォローを書きました。

2009年10月05日 (月) 10時15分




Number Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方   CGI改造作成
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板