無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする

投稿する

ここに小説を書きます。なお、管理人以外は書き込みはできませんのであしからず。

ホームページへ戻る

こちらの関連記事へ返信する場合は上のフォームに書いてください。

(75) 何故彼らは死に急ぐ 投稿者:Tomoko MAIL URL
「高松……話がある」
 そう言った野沢武司は、顔面蒼白だった。
「みんなも聞いてくれ。うちの姉貴が……死んだ」
「え……?」
 高松は、自分がつい声をもらしたことに気付いていなかった。
「事故だったんだよ……玉突き事故に巻き込まれてな」
「嘘です」
 高松が、意外と冷静なのかもしれないと思うような口調で言った。
 だが、その顔は紙よりも白い。
「嘘です。あやめさんが死ぬなんて」
「高松、俺も認めたくないが、これは本当だ、本当のことなんだ」
 野沢は泣いている。泣きながら、高松の肩を掴む。
「冗談よしてください。エイプリルフールじゃないんですから。野沢さんまで私をからかおうとなさるなんて……ああ、そうだ。これはきっと夢なんですよ。夢……ハ、ハハハハ」
 高松の視界がぐるりと回った。引っ繰り返ったのだ。
「高松! 高松!」
「誰か! 医者を! 早く医者を!」

 野沢あやめの墓に、高松は一人、ひっそりと佇んでいた。
「高松……」
 ジャンが高松の傍に来た。
「もう帰ろう」
「後少し……後少しだけ……」
 高松の目から、涙が盛り上がってきた。
「あやめさん、気の毒だったな」
「ええ――」
 高松は空返事をした。
「ジャン……」
「ん?」
「今は……そっとしておいてください」
「腹に溜めるの良くないよ。高松」
「でも……」
「思いっきり泣きな。肩を貸すから」
 高松はジャンの肩に顔を埋めて、泣いた。

 そして時は流れ――
 高松はルーザーの墓の前にいた。
 今日は霧が濃い。
 あやめが死んだ時には溢れ出た涙は、今は枯れ果てたように出てこない。
 ただ、虚脱感ばかりがあった。
 肩を貸してくれた友人も、もういない。
「高松、風邪をひくぞ」
 そうだ。この男がいた。――サービス。
 自分がジャンを殺したと思っている、男。
 ルーザーは戦場へ行く前に、高松には全ての真相を話してくれた。
 だからこそ、いっそう、この友が可哀想で……。
「ええ」
 と、高松は答えた。
「行こう。どこかで温かいコーヒーでも飲もう」
「――わかりました」
 高松は機械的に言った。サービスはそんな彼にコートを羽織らせた。
 何故、愛する者達は、死んで行くのだろう。それとも、愛する人の死はインパクトが強いから、それで余計に忘れられないのか。
 あやめ、ジャン、ルーザー……。
(何故、貴方がたは死に急ぐのですか……)
 実の両親の死は経験したけれど、未だに高松は身近な者の死に慣れることができない。いや、誰しも、そんなことに慣れるのはできないであろう。
(君死にたもうことなかれ)
 ふっと、与謝野晶子の詩の一部が、頭に浮かんだ。昔読んだきりで忘れていたのに。
 愛する者は過ぎ去って行く。永遠に傍にいてくれるものと信じていても、手の中をすり抜けてしまう。
 後には、そうでない者が残る。
 たとえば、マジックとハーレム。彼らが悪いのでないのはわかっている。
 だが、ルーザーを引き止めることのできなかった彼らが、――そして、己が、恨めしい。
「ねぇ、サービス」
 高松は隣の友人に話しかけた。
「――なんだい?」
「私達は――どうして生きているのでしょうね」
 しばし、沈黙が流れる。やがて、サービスはぽつんと呟いた。
「僕は……生きていることは、罰だと思っているよ」
 風が吹いた。それは、サービスの抉られた眼窩を容赦なく晒し出した。
(私達は……生きながら死んでいる者同士なのですね)
 霧で体が冷えてきた。高松は身を震わせる。
 生き残った数少ない友がかけてくれたコートをかき合せながら、彼と共に歩いた。
 心もすっかり冷え切った。
 それでもまだ――人を愛せるなら。
 愛したい。誰かを。
 孤独と飢渇を感じながら、高松は何かを求めていた。

後書き
高松お誕生日小説です。
ちっとも祝っていないように見えるのは何故でしょう(汗)。
ハッピーエンドな話も書きたかったさ!
でも、ネタのストックが、今のところこれしかなかったんだ!
あやめのことも少しはフォローしておこうかな、と思ったのです。そこから、この話は生まれました。なんかルーザーの方が主なようですが。
しかし、少し暗め……ですね。はい。
でも、パプワの原作はハッピーエンドなので、こういう話を書いても、許される――というか、こういうこと、少しは書いても大丈夫なんじゃないか、という気持ちはありますね。はい。C5はわかりませんが(早く続きが見たい〜)。
最後、高松にほんの少しの希望を持たせました。どこが希望じゃ!と言われたらそれまでですが。
あと、タイトル。『何故』は『なにゆえ』と読みます。『なぜ』と読んでも構いませんが。

2010年03月12日 (金) 08時13分




名前
Eメール
題名
内容
URL
削除キー 項目の保存

Number Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方   CGI改造作成
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板