無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする

投稿する

ここに小説を書きます。なお、管理人以外は書き込みはできませんのであしからず。

ホームページへ戻る

こちらの関連記事へ返信する場合は上のフォームに書いてください。

(77) 死んでもただでは起きん奴 投稿者:Tomoko MAIL URL
「シンタローはん……」
 アラシヤマがぽつりと呟いた。そして、取り乱し始めた。
「ああっ! わては、わてはあろうことかあんさんを置いてきてしまったどす! これでまたあんさんが亡くなったら死んでも悔やみきれまへん! あんさんが帰ってこなかったら、わてもすぐ後を追い――」
「待っちゃりぃ!」
 コージが止めた。
「ったく、ぬしも大袈裟じゃの」
「シンちゃん、帰ってくるよねぇ」
 グンマの声は明るい。
「んだ。アラシヤマ。縁起でもねぇこと言うんじゃねぇべ」
 ミヤギも窘める。
「せやかてあんさんら、平気なんどすか?」
「アラシヤマ君――」
 サービスが口を開いた。
 アラシヤマはかちんと来た。『君』呼ばわりされたのが、気に入らなかったらしい。
 アラシヤマはサービスに背を向けた。
「ガキ扱いせんといてや」
「誰もガキ扱いしていない。君の取り方がひねくれているだけだ」
「おおきに!」
 アラシヤマはやけくそ気味の大声を出した。
 ――相手がシンタロー以外だところっと変わるな。
 呆れながらもサービスは話し始めた。
「私はジャンのことを心配はしていない」
 アラシヤマはびっくりして振り向いた。
「え、でも……ジャンはんはサービス様の親友では……」
「親友だ。だからこそだ」
 サービスは力強く言い放った。
「私にはあいつが負ける気がしない。あいつは……私に心配される程、ヤワな男じゃない。私はあいつを信じてる」
 そう言って、サービスはアラシヤマに視線を移した。
「おまえはどうだ? シンタローは君の信頼に足る男じゃないのか?」
 アラシヤマは項垂れた。それから、こくんと頷いた。
 負けた。アラシヤマはそう思った。
 ――やっぱりかないまへんなぁ。わては、自分が恥ずかしい。友達ってもんは、奥が深いんやなぁ。
「サービスといったな。いいこと言うじゃないか。おまえ」
 彼らを先導してきた、六歳ぐらいの少年――パプワが言った。
「シンタローは転んでもタダで起き上るような奴じゃないぞ。たとえ、死んでもな」

後書き
高校時代に書いた小説の一部分です。
長さもまぁあるし(いつもよりは短いですけれども)、まとまっていたので、発表してみました。
ちなみに、原作にも似たようなシーンがありますが、私が元にしたのは、同人誌です。台詞とかシチュエーションははもちろん変えてあります(当たり前)。

2010年11月17日 (水) 16時20分




名前
Eメール
題名
内容
URL
削除キー 項目の保存

Number Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方   CGI改造作成
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板