無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする

投稿する

ここに小説を書きます。なお、管理人以外は書き込みはできませんのであしからず。

ホームページへ戻る

こちらの関連記事へ返信する場合は上のフォームに書いてください。

(80) シンタローの涙 投稿者:Tomoko MAIL URL
 シンタローは椰子の木の下に陶然と佇んでいた。
 傷はまだ痛む。
 非常に治癒能力を備えた体だが、そう簡単に治る傷ではない。

 ――あれは、確か小学校の入学式の翌日だった。
 シンタローはぼんやりと遠い記憶に想いを馳せた。
 ――俺が学校から帰ってくると、親父が一目散に駆けて来た。
 妙に目が赤かったんで、「何で?」と訊いたら、「もう好きな時にシンちゃんに会えない」と半日中泣いていたって。
 その時はサービス叔父さんと二人して笑い合ったけど――。
 馬鹿な話、思い出しちまったな。参ったな。笑い話のはずなのに……。
 今の俺には……笑えねぇ……笑えねぇよ……。
 胸から込み上げるものが大粒の涙と変わって、頬を伝い始める。
 ガサッ! ガサガサッ!
 不意に、音がした。
 腰ミノをつけた少年と、茶色の犬が現われた。
「パプワ」
「よぉ」
「わおん」
 パプワ達を見た時、不思議なことに、シンタローの涙が止まった。
 だが、パプワが、シンタローの頬にその名残りを見つけた。
「おまえ……泣いていたのか?」
「あ……ああ、ちょっとな」
「ふぅん。泣きたかったら、泣いてもいいんだぞ」
「馬鹿言え! 二十歳過ぎの大人が、六歳のガキの前で泣けるかよ」
「ぼくのことをガキ扱いしたな! チャッピー!」
 節をつけたパプワの台詞と共に、チャッピーがシンタローの頭にかぶりつく。
「ほら泣いた」
「ねぇ……アンタ達、こんなことして楽しい?」
「冗談だ。もういいぞ、チャッピー」
 チャッピーはシンタローの頭から離れた。
 シンタローは、苦笑した。やっと笑えた。
「大人ってのは、自分の足場ボロボロで、ちょっと突きゃあ崩れそうに脆くなっていても、『俺は平気だ』って顔して生きていたいんだよ」
 シンタローは喋った。
「もう何も言わないでくれ。それ以上何か話すと、また泣きそうになるんだ。俺はそんなに強くないから」
「おまえはじゅうぶんに強いぞ」
 パプワが断言した。
「ばか言え。力だったらおまえの方が……」
「強さってのは力だけじゃないぞ」
「だけど……」
「じいちゃが言ってた。『痛みを知っているほど、強くなれる』と」
「痛みを知っているほど……」
 シンタローは反復した。
「シンタロー。おまえはいろんな痛みを知って、ちゃあんと乗り越えて来たじゃないか。別れの痛み、人に裏切られる痛み、そして……殺される痛みも」
「俺は……乗り越えたわけじゃねぇ……」
「おまえは嘘つきじゃないから、自分が悲しいこと、隠すことができないんだ」
「そうだろうか……」
「おまえは逃げてなんかないぞ。ここぞという時には、いつも逃げなかったじゃないか。おまえが弟に撃たれた時も」
「コタローのこと、知ったんだな」
「ああ、じいちゃから聞いた。でも、そいつにもわけがあったんだと思う」
「そうか……そうだな……」
 シンタローは思った。
 顔を背けたくねぇ。逃げるのは、もう止めた。
 受け止める。全てを受け止めて立ち向かう。
 どんな困難が待ち受けようと、もしそれに押し潰されても……。
 押し潰されてもいい。
 どんな結果になろうとも、逃げるよりずっとマシだ。
 俺は、もっともっと強くなりたい。
 必要なのは、ほんの少しの勇気――。

後書き
『捏造パプワくん』の一部分、この間の続きです。
本当は、もっと長いのですけれど、データがどこかになくなっちゃって……(汗)。

2010年12月03日 (金) 18時51分




名前
Eメール
題名
内容
URL
削除キー 項目の保存

Number Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方   CGI改造作成
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板