無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする

投稿する

ここに小説を書きます。なお、管理人以外は書き込みはできませんのであしからず。

ホームページへ戻る

こちらの関連記事へ返信する場合は上のフォームに書いてください。

(83) リキッドへのプレゼント 投稿者:Tomoko MAIL URL
 コタロー……いや、ロタロー、そしてパプワがぐーすかと眠っている。チャッピーも。
 幸せだな、俺。
 こんな素敵な島にいて、子供の寝顔を見られるんだから。
 俺には平穏な日はない。特戦部隊にいた時はそう思っていたよ。
 だから、この時間は、ささやかな神様からの贈り物だと思っている。
「いよぅ、リキッド」
 かたん、と微かな音がして、現われたのは――
「ししま……ハーレム隊長!」
「しぃーっ!」
 隊長は指を唇に当てた。
 あ、一応子供には気を使ってるんすね。
「ちょっといいか?」
「ええ、どうぞ」
 冗談でも嫌です、なんて言ったら、眼魔砲食らいかねないからな。
「でもちょっとだけですよ」
 と、一応釘は刺しとく。
「わあってるよ。これ、おまえにプレゼントだ。給料三ヶ月分」
 プレゼント……?
 このケチな元上司から、こんな単語を聞くなんて。
 それに、給料三ヶ月分と言っても、元々が安いんだもんなぁ。一ヶ月分の給料が十円だもんなぁ。
 素直に喜べねぇ……どうせ後でお返しとか要求されるに決まっているんだ。
 かといって、つっ返す勇気もなくて。
 結局受け取ってしまう。
 白い綺麗な小箱だった。
「……なんすか?」
「開けてみな」
 中には十円切手が三枚……確かに給料三ヶ月分ではある。
 けれど、隊長にしては気のきいた贈り物だ。
 鳥の絵、花の絵、肖像画……意外に綺麗な、芸術品といっていいものだったりする。
 そういえば、昔は切手集めが趣味だったっけなぁ、俺。切手の価値はわからなかったけど。
「あ……ありがとうございます。隊長。でも何で俺にこんなものを?」
「ばぁーか。今日はおまえの誕生日じゃねぇか」
 あっ、そっか。
 すっかり忘れてた。毎日忙しくて。ロタローが来てから更に忙しくなって――。
 それに、俺は、永遠の二十歳だから、誕生日、と聞いてもぴんと来なくなっていて……。
「あ……あんがとございますっ!」
「おうよ。じゃ、帰って寝るわ」
「本当に、ありがとうございます」
「よせよ」
 隊長は照れくさそうに笑った。
 隊長が帰った後も、俺は何となく嬉しくて、切手を眺めていた。
「んー、どうしたの? 家政夫」
「まだ寝てなかったのか?」
「ああ、ロタロー、パプワ。これ、隊長からのプレゼント」
「ふぅん……ん?」
「どうした? ロタロー」
「これ全部、プレミアがついてるものだよ!」
「え? ほんとに?」
「うん。あーっ! その箱も売ると高いんじゃ!」
「えーっ?!」
 そんな高いものを、獅子舞隊長が俺に?
「ねぇー、ちょうだい!」
「だーめ。これは俺がもらったもんなの!」
「じゃあ、パプワくんにお仕置きしてもらう?」
「……多分これをなくすと、俺が隊長にお仕置きされます……」
 それに、せっかく隊長からもらったものだから、大切に取っておきたいんだよなぁ……。
「こうなったら力づくでも手に入れるよ、パプワくん!」
 ロタローがパプワにアイコンタクトを送った。
「まかせろ!」
「うっぎゃ〜!」
 俺達は一晩、追いかけっこをしていた。

 ぼく、ロタロー。
 家政夫が寝ちゃったから、僕らもプレゼント贈ろうね。
 僕達が描いた絵だよ。
 起きたら、これに気付いてくれるといいな……。

「ん? 何だ?」
 リキッドが気がつくと、頭のそばにさっきの白い小箱が!
 切手の無事を確かめようと、中を覗いてみると――。
「……何だ、これ?」
 紙が畳んであった。広げてみると――。
「くくっ。あいつら……」
 下手な絵と、上手なイラストが描かれている。下手なのは、きっとコタローの方だ。パプワは器用だから、絵も上手いだろう。
「サプライズだぜ」
 リキッドはしばらく笑いが止まらなかった。
 コタローも、パプワも、ぐっすり眠っている。
(疲れたかな)
 ずれた布団を掛け直してやる。
 今日はご馳走作っかな。島のみんなも呼んで、パーティーにしてしまえ!
 日頃の感謝を込めて。
(パパ、ママ。この島には、いい想い出がたくさんです)
 とりあえず腕を振るって朝食を用意しようと、リキッドは準備にかかった。

あとがき
捏造設定です。パラレルと呼んでもいいでしょう。
しかし、ハーレムが絡まないと話を書けないのか? 私は(汗)。

2011年05月21日 (土) 07時47分




名前
Eメール
題名
内容
URL
削除キー 項目の保存

Number Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方   CGI改造作成
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板