タイトル

■日の丸(真正保守)か赤旗(左翼)か!?■

■今こそ、天皇信仰の原点に帰る掲示板■

<愛国本流掲示板>


谷口雅春先生の正しき 教えに基づき人類光明化と天皇信仰に基き

「愛国運動」を勧める真正保守運動を目指す愛国掲示板

  管理人の独断で、本流支持でない。あるいは撹乱の投稿であると感じた時には削除、アクセス禁止にさせて戴きます。

 

★人類光明化運動<愛国生長の家>とは?★

≪ 重要リンク ≫

ホームページへ戻る

名前
メールアドレス
スレッド名
本文
URL
写真
削除キー 項目の保存


『生命の實相』と 「甘露の法雨」 (20941)
日時:2018年03月27日 (火) 22時09分
名前:みすまる



『生命の實相』と私

     中曽根康弘  


  〈※昭和57年5月13日、参議院内閣委員会において
   当時 行政管理庁長官であった中曽根康弘氏が、
   共産党・安武洋子氏の質問に対して答弁されたものです〉

  生長の家の《生命の實相哲学》は、私は学生時代から読んでおりまして、私に対しまして非常にいいことを教えてくれた教えであると思っています。その後におきましても、いろいろ宗教を模索しております。

  学生のころからやっぱり皆さんと同じように神様を求めながら神様を否定しているようなところがある。そういうようなとこもあったりして、いろいろ遍歴しているわけでございます。

 その中におきましても、『生命の實相』という哲学は、日本人がつくった哲学の中では昭和世代においては非常にりっぱな、出色したお考えであると思っています。そういうわけで、私は生長の家という集団に対しましても、かねてから敬愛の念を持っているわけでございます。



「甘露の法雨」谷口雅春師 

『その執筆は私〈谷口〉を通じて行なわれたのであるが、その著者は観世音菩薩なのである。いわば観世音菩薩作になる〃詩〃なのであります。だからこのお経本は、ただの文字の配列ではなく、そこに作者の精神的リズムが宿っている。即ち『甘露の法雨』を受持することは、観世音菩薩と倶にあることである。この宇宙にはいたるところに観世音菩薩の救いの霊波が充満しており、その救いの霊波と聖経とが同波長であるが故に感応を生じて救いが成就するのであります。

 〃法華経・普門品第二十五〃に観世音菩薩が「甘露の法雨をそそぎ給うて煩悩の炎を滅除し給う」とあるのがそれであります。慈悲の権化・観世音菩薩は、妙なる大雲の如く無数にわき出て、不幸の因なる人間の煩悩〈迷い〉を滅除し給い、不幸や災難を自然に遠去ってゆく。「甘露の法雨」の功徳は、それをお説きになった観世音菩薩の妙智力と引き離して考えることはできません』

〃真理は汝を自由ならしめん〃であります。幾度も聖典を精読し、真理を悟り得た程度に従って健康も浄福も成就するのは当然でありましょう。しかし、聖典を読んで悟りの境地まで達しなければ救われないのであろうか?

 『生長の家の書物すべてには、この運動を扶けている守護霊ともいうべき天の使いがついていると考えられます。だから、相手に真理を伝えただけで、相手がその真理をよく理解せずとも、病が癒されたという体験もある。法華経の神髄を説く生長の家の教えは、法華経に〃五十回展転の功徳〃とあるように、次々と真理を伝えて、五十番めの人に届いても〃随喜せん功徳尚無量無辺阿僧祇なり〃であります。』

 『ならば「甘露の法雨」さえ持っていればいい、ということにもなるのであります。しかし、宗教は自ら聖典を精読し、聖経を読誦し、神想観を行じて、魂を向上させる自力の面を忘れてはならない。この自力と、他力的救済の面との交錯が宗教であります』
    

     谷口雅春師 『新講「甘露の法雨」解釈』より




Number
Pass
管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板