無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする

「我が子に伝える誇りある近代史」意見交換掲示板

教育とは、国の未来を担い21世紀に羽ばたく子供たちが、
伝統と文化に培われた日本固有の知恵に触れ、人間として健やかで豊かに育ち幸せになってほしい、
との願いを込めて教え育むものだと思います。

しかしながら現在小中学校で使われている歴史教科書はあまりにも自虐的で
悲惨きわまりない状況にあります。
このようなひどい内容で本当に21世紀に生きる日本の子供たちの教育ができるのかを危惧し・・・
(本文趣意書より)

ホームに戻る

名 前
件 名
内 容
E-mail
URL
文字色

:パスワード :クッキー





[65] 自虐は良くない
From:寺嶋眞一

感情を交えて歴史を語るのは良くないですね。自己の歴史哲学を語るようにしましょう。

2007年08月21日 (火) 18時39分


[64] 1.原爆投下に関してアメリカ人に訴える。他
From:小見山

1.ナチスのユダヤ人大虐殺は、その後のもっと大きな大虐殺を防いだから良かった・・・・といえるのか?

2.アメリカ占領軍の撤退を要求する

3.九条を活かして、人類の恒久平和を目指す運動の提唱

2007年08月16日 (木) 15時32分


[62] 引用させて頂きたく。
From:せ〜ちん

http://lufeng29.blog108.fc2.com/
色々な理由から啓蒙活動をはじめ、
ブログを作るに至りました。
真実に辿りつくブログというタイトルです。
もちろんリンクを貼り、
こちらへ誘導を図りたいとも思います。
少しでも誤った歴史観を正すために、
ブログとはいえ行動していくことと、
露出していくことで影響を与え続けようと考えてます。


しかし、歴史問題については膨大な量のデータを必要とするため、引用して転載させて頂きたく思い、ここに書込みをします。


お気になるのでしたら、一報頂ければすぐに消去しますので、なにとぞ宜しくお願い申し上げます。

2007年06月28日 (木) 04時48分


[58] 男女共同参画社会について(追加)
From:真実一路

この”革命運動“の推進者は上野千鶴子・大沢真理という共産主義者。夫婦関係を例の「階級闘争史観」にあてはめ、夫は「支配者」、妻は「被支配者」とし、男とか女とかいうのは、「社会的に作られたもの」とし、これを「差別」というのである。本来「男と女」はまったく同じだそうである。「男らしさ」「女らしさ」も否定し、端午の節句、ひな祭り等の日本文化も否定する。男女関係について、極めてルーズで、それを「革命の道具」に使う。こんな無茶な事を前提に、この「男女共同参画社会」は成り立っている。
しかし、この運動の推進者は、この本音をまったく言わない。これを聞いたまともな主婦達は「男女平等」ぐらいにしか、これを考えていない。これがこの共産主義者達の”ねらい“なのである。私の市ではこの講座を聞きにいくと2千数百円がもらえるそうで、何も知らない主婦達がこぞって参加している。この講座の講師には、ナント40万円の報酬が我々の血税から支払われている。そして、この運動には10兆円という国の予算が使われている。この運動を「革命」という理由である。そして、それはこの国が「狂っている」ことを証明している。1991年旧ソ連が崩壊し、共産主義国を理想とした輩(ヒダリ)のいくところがなくなった。それ等がこのような”陰湿極まりない陰謀“により、目的を達成しようとしているのである。本当に恐ろしい事である。
日本人しっかりしろ!!男しっかりしろ”“

2007年05月24日 (木) 02時39分


[75] 男女共同参画
From:なごみ

全く同じ感じです。
彼らはオーム、赤軍派、狂信集団であり本来の人間の平等などと関係ない連中です。
男女平等を真っ赤な服と厚化粧I(パンパン、男に性を売るために化ける)でテレビに出てきます。わが市でも変な予算なので具体的にどのような差別があり、いかに解決されたか
市長に問い合わせたら返事がありませんでした。如何わしい大学教授が高額な講演料で市税を収奪しております。ご指摘のとおり行き場のなくなった左翼の連中であることは間違いありません。

2008年04月19日 (土) 11時06分


[57] 信じられない
From:中国女の子

わが国に大変大きな誤解があるよ。

2007年05月20日 (日) 00時56分


[60] 誤解とは
From:日本の男の子

貴国に対する誤解とは、
どの点を指されるのでしょう。
少なくとも、日本ではいたずらに他国を貶めるような
学校教育はなされていません。

それどころか、偽りの記述満載の自虐史観に立つ教科書で教育を受ける今の子供たちは、
祖国日本を、誤解したままで大人になってしまっています。
それを正そうという歴史教科書だと思います。

2007年06月05日 (火) 01時04分

[63] 誤解とは
From:せ〜ちん

中国に対する誤解とは、

中国では「人間は力関係」という暗黙の思想があるように分析してます。
ですから、

真実は理解してるが、
国際問題や外交において、
強固な態度に出るのはあたりまえであり、
事実を理解してるうえで嘘をつくこともありうる。大人は駆引きをするものだという認識を中国人はもっている。という考えのもとに誤解もあるよという意見があがるものと思われます。

現実に中国は天安門事件以後、共産党に革命的な異変が起きており、社会主義色を残しつつ大国らしい経済的進化を見せるものと予想されてます。もちろん弊害や公害など様々な問題は抱えます。

中国の正義、それは力こそ正義という真理を理解したうえでの他国を貶めるような行為にも発展してる理由だと思います。

感覚が違うものと思われますから、良識ある中国人の前では断固たる態度をとるべきだと思うのです。もちろん日本では立場の弱い者に対して理不尽な要求をする常識はありません。

2007年07月01日 (日) 06時16分


[56] 男女共同参画社会は「共産主義革命」だ
From:筑紫次郎

一度、「男女共同参画社会基本法」を読んで下さい。おそらく意味が理解できないでしょう!この法案の恐ろしさは、その法案の意味が判らなく偽装されていることです。この思想の危険性は林道義氏(東京女子大教授)が「フェミニズム批判=男女共同参画社会批判」として、わが国の「道徳を破壊し、家庭を破壊し、国を滅ぼす」と書かれ、これは「革命だ」といわれています。このサイトは150万人超がヒットしており、この運動の危険性をいかに多くの方が感じているかです。「女、子供の事」では、すまされない危険な段階にきています。私は今年から町内自治会の役員をしていますが、役員の主要ポストは全部この運動参加者が占め、今年の規約改正で「この運動」を入れました。主婦・子供の思想・洗脳教育をやろうと云う事です。自治会の目的(相互親睦・生活環境の改善)を完全に逸脱したとんでもないことです。しかし、誰もこの危険性を知らないため、すんなりと規約改正となりました。
女性は「男女平等・女性の人権」と言われれば、引き付けられるのです。議員は「女性票が減る」として何も言われなくなっています。反対すれば「女性の敵」といわれるそうです。詳しくは林氏HPをご覧下さい。

2007年05月17日 (木) 09時36分


[54] 「南京大虐殺」のヤラセ映画
From:通行人

かねてから「ヤラセ」の指摘があったプロパガンダ映画「バトル・オブ・チャイナ」(日本軍の残虐非道ぶりを強調する映画。そりゃあプロパガンダなんだからヤラセ、ねつ造、嘘八百なんだろうけれども・・・)の映像を丁寧に検証した、非常に面白い動画が出回り始めている。産経の読者の皆様なら120%楽しめる内容で、私がごちゃごちゃ言うよりも見てくださった方が早い思います。
http://www.youtube.com/watch?v=uwqFOxmr2to

2007年05月10日 (木) 17時16分


[52] 我が憲法草案骨子
From:匿名

   ・国防に関する章

 我が国日本は、国民の生命と財産及び領域を自衛するための国軍を有する。

一項 国軍は文民統制の原理に遵い、武力による政変を禁ずる。

二項 国軍は諸外国及び諸民族を征服するための武力の行使を禁ずる。

三項 国軍は国際公法もしくは当事国に発足された政府からの召喚においてのみ諸外国への派兵する。

   ・国交に関する章

 非植民主義 奴隷の禁止 人種平等

2007年05月03日 (木) 01時24分


[51] 大いに感激
From:石橋鳳舟

この著書はいつ発売ですか
速く読みたいですね

2007年04月28日 (土) 18時21分


[55] 残念ながら
From:掲載者

出版される予定はございません。
こちらでの掲載は続けたいと思いますので、
どうぞ、出典を示した上でご利用下さいませ。
よろしく、お願いいたします。

2007年05月15日 (火) 12時34分


[45] 不都合な事実を隠すことが国家の品格?
From:泉州太郎

貴君等の歴史に対する態度は、他国に受け入れ難いものだ。旧日本体制のアジアに対する「侵略」は歴史の事実である。しかし、戦国時代は「織田信長」のような人殺しが英雄であったように、列強の侵略主義が当時のどの国家でも目標であり、競争の時代であった。ただ、西洋からアジアは遠かったので直接領土を占領する国はなかったが、日本は明治維新以来の富国強兵策で国力を増強できたので、内乱で国力が衰えていた朝鮮・清国に武力侵略を行い、領土を拡張していった。しかしそこには、侵略後の国策がなく、いたずらに戦線を拡大していって、軍事力が集中されることはなく、アメリカとの開戦の挑発にのせられ、太平洋全域の戦争に突入した。中国南越インドネシア戦線では、相手の国家体制が軟弱であったので、破竹の勢いで戦線を拡大できたのであるが、侵略の勝利に酔う軍人たちが、現地の婦女子への暴行・凌逆が過ぎて、占領政策に現地人の協力が得られないことを危惧した現地司令官達は、慰安所を設置することを御用商人たちに命じ軍人達の性欲処理を任せたのが事実だ。御用商人たちは、当然軍人達に護衛されて、現地の若い女子や日本内地の女子をも半強制的に徴集していったのが歴史の事実だ。証拠書類などあるはずもない。その慰安婦を軍隊に要求されたものとして、「従軍慰安婦」という言葉で戦後言われるようになったのである。その慰安婦達がいたので戦時中の一般婦女子への暴行凌逆がなくなったことはいいことであったのだ。しかし、日本が無謀な戦線拡大で当然の敗退を余儀なくされ、戦勝国から戦争犯罪の追及を受けることとなった。日清・日露戦争で勝った日本が、領土割譲や敗戦国指導者を処刑したのと同様、時代の流れは戦勝者の思いのままであった。そういう時代の流れは、清国人や朝鮮人を日本国内に「奴隷」として強制連行することは日本の国力充実のために許されることだあった。歴史教科書の自虐性をあげつらうのではなく、世界史の流れや富国強兵に伴う軍隊の暴走が国家を誤らせたことを事実として伝えることが、過去の失敗を繰り返さない教訓であろう。過去の教訓など要らぬという「ばか」は死ななきゃ直らない。

2007年03月11日 (日) 12時42分


[48] 羹に懲りて膾を吹くが如き
From:舐小路実麿

アジアに対する侵略とは既に欧米白人種によって植民地支配されていた地域である。独立国を侵略したと言えば該当するのは李氏朝鮮と中華民国であるが、貴氏も述べておるように清国や李氏朝鮮は内乱で国力が衰えていたというのは執政者の統治能力無能によるものである。西洋列強もしっかりした国家には侵略しないのが帝国主義なのである、帝国主義とは経済用語で軍事力を背景に通商範囲を拡大して行くことであるが安全に商売が可能ならばあえて戦争のリスクは負わない。従って幕末から明治の日本は侵略されてない。

インドのムガール帝国は地方のマハラジャ支配地でイギリス商人が殺されてイギリス政府が抗議すれば地方のことは知らんと答えたので、ならば切り取り次第の侵略になった。イギリス人が島津久光一行の薩摩藩に殺傷された生麦事件では直ちに幕府が謝罪を行い賠償を肩代わりして支払ったが当事者の薩摩藩の態度に憤慨したイギリス艦隊が薩摩に遠征した薩英戦争で戦争リスクの大きさから豹変して幕府から薩摩支持になる。アヘン戦争では林則徐の守る上海、広東が手強いと見るや直接、天津から首都、北京に進撃したところ清朝の中央政府がすぐに降伏した。これらの戦争の結果、西洋列強との約束をしっかり守るのが日本であり侵略の口実を与えなかったのである。

日本が明治維新以来の富国強兵策で国力増強したというが、帝国主義全盛時代に清国や李氏朝鮮は何を策としていたのであるか?西太后の遊び場や閔妃の毎夜の宴会の贅沢三昧それも内乱の中にあって李氏朝鮮などは欧米列強や日本の経済援助で遊んでいるのである。帝国主義時代では今の北朝鮮などは真っ先に侵略されるべき国なのであって当時の基準からすれば六カ国協議の方が異常なんじゃ。つまり富国強兵策を推進した日本は並大抵の努力ではなかったのである。食うか食われるかの時代にボヤ〜として植民地にされたのと頑張って列強になった、ご先祖様の違いじゃ。

貴氏は国家間の戦争をフェアー精神の個人のスポーツのように思っておられるようであるが帝国主義時代に於ける戦争は一方の国に隙があるから発生するのであって内乱で国力が疲弊しているやら欧州戦線で相手国の支配体制が弱体化しているのは他国からすれば戦争の大義名分になるのである。

日中戦争は、国共合作の密約により中国から仕掛けられた戦争であり、陸軍では事変不拡大方針で臨んでいたにも関わらず現地に経済基盤を置く在留邦人の中小企業者らを筆頭に国民が腰抜け!と政府、軍部を批判するマスコミ、世論に煽られてずるずると始まった戦争である。日本統治では現地の協力を得られないというが台湾、朝鮮、満州と西洋列強のような搾取ではなく日本は莫大な国家予算から投資して近代化を推進し産業興隆や治安維持に努めて人口を増加させている特に満州では軍閥支配から逃れて中国人が大挙移民して来たのである。

戦時中の慰安所の娼婦というのは何も日本軍に限ったことではない。公娼制度のあった時代でもあり、例えば朝鮮人慰安婦が嬉線よりも慰安所の方が稼げると移籍したりするのも当然である、稼げるのは外地に出向き危険な戦地で過酷な労働をする報酬だからである。反強制にならぬように事前に軍は通達を出しておるが、朝鮮人業者やアボジが稼げるからと慰安婦に勝手に移籍したなんていうのは不祥事であって国策として日本の官憲が民家に侵入して娘狩りをしたかの如く歪曲するのは後世の中韓による政治的意図からじゃよ。

日清日露戦争で日本が領土を獲得したが敗戦国であった清国やロシアの指導者を処刑しておらぬぞ!歴史を捏造しないように注意いたす。また清国人や朝鮮人を日本国内に奴隷として強制連行したというが繁栄する国に外国人が流入するのは須らくじゃ、もし今また日本が戦争して負けたら在日している朝鮮、中国、パキスタン、イラン、南米諸国の外国人は戦後50年経ってから日本に強制連行されて奴隷にされたと賠償を訴えるのかね?自国で食っていけないから出稼ぎに来たんだろう、そこで起こった一企業における不祥事を国策で奴隷にしたというのは語弊があるぞ。

富国強兵策については先に述べた通りで、世界の流れについては欧米列強の白人種による植民地主義に逆らったのが日本である、第一次大戦後のワシントン会議で日本は人種差別撤廃を提議してイギリスは日本との日英同盟更新を断念してアメリカ追随方針に転換、アメリカは毒を持って毒を制す策で同じ黄色人種の中国人に着目した。結果として第二次大戦で日本は敗北したが自国の生産力で自力で戦争を遂行した有色人種日本の奮闘振りは被植民地の有色人種間に動揺を与えて戦後の白人絶対支配は崩壊して各地の植民地は独立した。

然しながら、今現在も世界の歴史からは戦争は過去の出来事でもない、帝国主義も国家間で通商、外交において未だあることである先の帝国主義全盛時代の所産で豊かな我々の今の生活があるのも事実である。日本だけが戦争を過去のものとて軍備を怠るのは愚の骨頂である。羹に懲りて膾を吹くが如きじゃ。

2007年03月21日 (水) 07時25分

[50] まだ、こんな事をいっている人がいる
From:筑紫次郎

1明治政府の富国強兵策について
 幕末の志士達は「このままでは日本は欧米 諸国に侵略をされる」として幕藩体制を終 息させ明治政府のもと、富国強兵策をとり ました。日本は武士階級が支配していたの で、危機に対する対応が機敏だったので  す。朝鮮・清国とはここが違いました。
2朝鮮・清国に対応した日本を考える時、ソ 連の存在を抜きには考えられません。あな たの主張から完全に抜けています。
3慰安婦問題では「当時は日本も、朝鮮も貧 しかった」という認識があなたには欠落し ている。国家・軍が慰安婦なるものに関与 するのは「病気が怖かった」からだけ。各国も同じで、日本だけのことではない。当 時は強制的に集めなくても、集まった。慰 安婦は必要悪で、貧しさゆえの悲劇。ただ 慰安婦は”高給取り”であったこともお忘 れなく!!いまもこれは必要悪として存在 している。
4大東亜戦争は自衛の戦争であった。これは
 「日本が侵略戦争をした」として事後法で 裁いたマッカーサーが昭和26年5月3日
 アメリカ上院軍事外交合同委員会で述べた 事。ハルノートを書いたのはハル長官では ない。ハリーホワイトという共産党党員。 これはソ連・スターリンの意向を受けて日 本が絶対にのめない案を日米交渉の場にい きなり出してきた。今の日本が石油をいき なり止められたら、泉州さんあなたどうし ます。ソ連にとり日本とアメリカが戦うこ とは最も望ましいことでした。第7回コミ ンテルン大会でのスターリンの演説を見て ください。

あなたの主張は、あなたにとり「不都合な事実」を隠している、あるいは不勉強のため解明されてきた歴史的事実を知らない。東京裁判史観から一歩も抜け出ていない。

2007年04月26日 (木) 00時33分







Number
Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板