【買うなら今日】Lenovo週末限定クーポン配布中1〜2万円安いThinkPadを買おう!

 

光明掲示板・第三

 

本流宣言掲示板」「光明掲示板・第一」「光明掲示板・第二」「光明掲示板・伝統・第一」「光明掲示板・伝統・第二」「谷口雅春先生に帰りましょう・第一」「谷口雅春先生に帰りましょう・第二

ご投稿は「谷口雅春先生に帰りましょう・第二」へ

「光明掲示板・第三」の目的
「光明掲示板・第三」のルール
「光明掲示板・第三」の利用法
重要リンク
Página de Português/ポル語ページ
必ずお読みくださるようお願いします
Página de topo/Top page トップページ

 

 
《続 緊急警報!》「天皇なんか嫌い、国なんかどうでもいい」…こんな講師をどんどん出講させている教区もあります! (3603)
日時:2015年03月22日 (日) 08時34分
名前:破邪顕正


宇治では、「限りなく日本を愛す」という時代は昔の話です、今は「限りなく地球を愛す」の時代です…などという講師が現れたという話を耳にしております。

手のひら返し≠フ手本みたいな講師だとあきれておりましたが、第一線でも、どんどんヒダリ巻きの地方講師が幅をきかせているようです。

何でも、とある教区では、連合会長が「この方は教区の宝だ」と囃し立て、どんどん出講させている地方講師が、その行く先々で「天皇なんか嫌い、国なんかどうでもいい」と言って廻っているのだとか。

大いにありえる話です。

だって、戦後教育の悪弊をモロに蒙り、谷口雅宣総裁のような考え方に浸っていれば、当然、そういう「反天皇=反国家」の講師が誕生しても何ら不思議はないからです。

ことほど左様に、谷口雅宣総裁のヒダリ≠フ思想が、時間をかけて教団内を暫時、蚕食していけば、早晩、間違いなく「生長の家」は左翼集団にくくられる日も近いのではないかという気がしてなりません。

否、既に、一部では、生長の家は左翼勢力に組み入れられているという情報すら耳に入っております。

谷口雅春先生の愛国思想を破壊し、なおかつヒダリ≠フ思想に染め上げるというのは、尊師に対する最大の忘恩、悪業に他ならないと私は断ずるものであります。

だからこそ、私は、谷口雅宣総裁のその本質を知らずして教団に属し、浄財を献資するのは、その悪業に手を貸す以外のなにものでもないというのです。

その悪業から信徒を救わないといけません。

このままでは本当にオソロシイことになってしまいます。

心ある信徒の皆様には、今の教団の実情、現状から、決して目を背けないでほしいと願うばかりです。


現総裁はアメリカ留学中に洗脳されてしまったのか? (3604)
日時:2015年03月22日 (日) 09時24分
名前:アクエリアン

【特対】嘘だらけの日米近現代史(後編)B倉山満・藤井厳喜 AJER2012.9.13(3)
https://www.youtube.com/watch?v=aOcjr1AhXoc

この動画の七分ぐらいから非常に興味深いことが指摘されています。

ある国に留学するということはその国に洗脳されるようなものだ、留学する個人がしっかりとした価値観を持っていないと簡単にその国の価値観、思想に洗脳されてしまうのだ、と。

なるほど、そうだったのか、現総裁が、執拗に日本の侵略性を強調し、アメリカを擁護するのも、結局ところ、アメリカのコロンビア大学でアメリカの価値観、思想に洗脳されたということではないのか。

そんな気がしてきました。

結局のところ、日本人の魂を忘れて、魂の故郷がアメリカになったということではないのかということですね。

藤井厳喜さんは、「NHK 事件と無制限戦争の時代」の中で、非常に興味深いことを述べています。

_______________


■「無制限戦争」の時代

「あなたはもう、戦場にいる」

「シナから仕掛けられている情報戦争の最前線にいる」

もうここでは、前線と銃後の違いはない。あなたは止むを得ず、兵隊さんになってしまっている。

好きであろうが嫌いであろうが、それが二十一世紀のリアリティーである。

・・・・・・・・

今、シナは日本という国の国力を、経済力も技術力、軍事力も含め、自由にコントロールしたい。その野望を実現するために、その前に、日本人のマインドをコントロールしようとする。表面化しつつあるシナの対日工作、対日戦争の氷山の一角がNHK番組 問題なのである。

つまり、あなたが騙されるということは、もうすでにシナが仕掛けてきたマインドコントロールにやられているということであって、昔でいえば、前線で兵隊さんが一人戦死したに等しい。あるいは今度はあなたが敵の兵隊になって、日本に対して攻撃を仕掛けてくるということである。

■現代の情報戦争の実態

私たち日本人は情報戦の戦場にいる。

そしてこの戦場では、情報操作という弾丸やミサイルが飛んでくる。

・・・・・・・・

日本はシナから情報戦争を仕掛けられているということである。

そしてこの情報戦争こそ、二十一世紀の戦争の主要形態であるという事実だ。

今や、アメリカを上回り最大のパワーを持っているのはシナであり、彼らの情報操作は、もはや、間接侵略というべきレベルに到達している。

日本の大衆と政財界のエリートを洗脳したあかつきには、東アジア共同体が完成し、その先には、日中の連邦制が待ち受けている。

やがて、日本は独立を失い、シナ人民共和国の「倭族自治区」となり、今日のウイグル人やチベット人のような悲惨な弾圧を受け、大量虐殺されることになるだろう。

現在行われているプロパガンダ工作こそが、二十一世紀の最先端の戦争であることが理解できなければ、日本国が「倭族自治区」に堕ちていくのを防ぐことはできない。

藤井厳喜氏著「NHK 事件と無制限戦争の時代」より

__________________________________


生長の家のトップが洗脳されるということは、その影響力は、甚大なものがあるということですね。




名前
メールアドレス
スレッド名
本文
ファイル
URL
削除キー 項目の保存


Number
Pass

レンタカーの回送ドライバー
無料で掲示板を作ろう
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板