無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする


分からない事はネットで知っている人に聞いて相談しましょう!

ホームページへ戻る


質問・相談
投稿者
メールアドレス
タイトル
内容
重要度
削除キー 項目の保存
こちらの質問に対しての答えはこちらになります。是非有効なお返事をしてあげてください。

質問:イシュタールとフルセンは戦うのか?
投稿者: 陣


「西方の代表」に「人気の地域」も賭けての、これもまたファンとしては夢の対決のはずと。

記事番号:50

重要度:★☆★☆

2014年06月24日 (火) 19時40分

答え:自分の場合
投稿者: 陣


 実現するとすれば、それは別スレでも考えた、西海沿岸諸国を巡る戦い。


 @西国同盟からのニーデンベルグの離脱により、対岸半島のフルセンの西海航路における存在と影響力が増大。

 Aその影響を重視した、シェルファニールが国王マティアスの「実娘」の王女を、エルフィンの正妃に送り、事実上の「両岸同盟」を締結。

 Bその独走に対し「盟主」の威信にかけても無視出来ない、イシュタールがシェルファニールの国境地域のスノウ領に威圧出兵。

 Cだがその時点でフルセン側から極秘裏に戦力派遣が行われており、スノウ領からイシュタールを牽制。

 Dそしておそらく帰趨を決めるのは、実戦力では間違いなくフルセンと比較にならない、イシュタールが二重王国に支援を求めるか否か。

 E二重王国が参戦すれば、あるいはフルセン勢は半島に引かざるを得ないだろうが、その結果、イシュタールを含む西国地域は二重王国の完全な影響下に置かれるはず。

 Fその意味で内陸部に位置するイシュタールの今後の可能性として考えられるのは二つ。一つは(エトルリアのように)二重王国の力を背景にしてでも、西方諸国の「盟主」の座をあくまで死守する事。そしてもう一つは(バロムリストのように)二重王国とフルセンの二大強国の間の「緩衝国」としての役割に転換する事と。



(要点)

 @この種の寝返行為の可能性は『ロイヤルガード外伝』に紹介済。

 A元々「養女」エロイーズが送られた時期は、まだセルベリアが最初の「半島統一」を果たす前であり、ゼークト死後の「停滞の十年」もあって、長らく半島は大陸情勢の局外兼問題外であったが、「小覇王」エルフィンの出現により、大陸レベルでの重要なファクターに浮上したため、これにより西方全域の重心は、内陸部ではなく、内陸部と半島の間の「西海域」に大きく移動する。(その意味からすれば、内陸のイシュタールは大きく西方全域の東の外れに位置する事となり、「盟主」としての機能と必然性も大きく低下する。)

 B構図として、フルセンがシェルファニールから正妃を迎える事は、かつてドモスがクラナリアからアンサンドラを迎えたのにも等しい図式だが、あちらと違い、こちらでは西海が挟んでいるため大軍移動が出来ず「武力征服」の布石としての心配はありえない。(むしろこちらの場合、大陸派遣の部隊が現地で孤立殲滅される危険性の方が高いため、その保障のための人質と言った意味合いの方が圧倒的に強くなるわけで、その意味でも「百人の留学生」の必要はこちらの方が遥かに高くなるはず)

 Cこの時点のスノウ侯爵はブリューセイスの息子のはずだが、あるいはその更に息子(つまりパウロの孫)がこの時期の主役となるか。(印象的には「孔明の子と孫」である、諸葛瞻と諸葛尚の父子みたいな物か)

 Dもし本気度の表れとして、ヴァレリアあたりも大陸投入されれば、あるいはこれも夢の取り合わせのウルスラとの対峙も実現か。(ただしそうなれば、まだ二十代半ばのはずのヴァレリアに対し、四十前後になるウルスラの「年令」も嫌と言うくらいに強調されることになるか)

 Eあとシェルファニールとして、もう一つ重要なのは、やはりこれから危険度がますます上がるはずの内陸での最悪も考え、それ自体が「最終巨大要塞」である、西方半島を「王室の亡命地」として事前確保する必要があるという事。(そしてそれを推進する事こそが、まさにシェルファニール王室の「ロイヤルガード」としての、パラメキア一門の至上命題になるはず)

 Fそしてそうした(第二次世界大戦期のイギリスのような)「亡命地」としてのフルセンの活用は、他の沿岸諸国でも当然に考えるはずということで、もしその中核位置に当たるシェルファニールが先鞭を付ければ、隣接の同じ沿岸国であるクレオンレーゼやダリシンが同調する可能性も高くなるはず。(その意味で、マティアスの王妃の出自も含め、これら三国間の婚姻関係なども気になるところですが)

記事番号:51

重要度:★☆★☆

2014年06月24日 (火) 20時00分
(67) (56)




Number Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方   CGI改造作成
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板