無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする

投稿する

ここに小説を書きます。なお、管理人以外は書き込みはできませんのであしからず。

ホームページへ戻る

(17) ザ・チャレンジャー 投稿者:Tomoko MAIL URL
 ルルル……ルーザーの部屋の電話が鳴った。
「はい。ルーザーですが」
「くくく……あんたの弟、ハーレムを預かっている。取り戻したくば、南方TV局の、5スタに来たまえ」
 そこで、電話は切れた。
 ルーザーは、早速、南方TV局に向かった。
(早く……早く! あの子が無事であればいい)
 やがて、目指す所へ到着した。
 が、そこは、想像した所と、全く違っていた。
 かなりの数の人々がうごめいている。
「あ、あの、ハーレムは! 僕の弟は!」
 ルーザーはディレクターに言った。
「ああ、今来るから、待ってて、待ってて。君の出番も、あるからね」
「出番……」
「さあ。ルーザーくんも来たことだし、本番、行こうか。ルーザーくん、この台本、読んでてくれる?」
 それから5分後、「3・2・1・キュー」の声で、本番が始まった。
(出番……)
 ルーザーの顔つきが変わった。
「さあ、今宵も『ザ・チャレンジャー』の時間がやってまいりました! 解説はこの私、ルーザーです! 今日のチャレンジャーは、ハーレムくん12歳! さあ、この少年と対決するのは……なんと、獰猛な雌ライオン! しかも、かなりおなかをすかしているようです! さあ、この二人の対決、軍配はどちらに!」
 ルーザーは、いまや、全くの別人と化していた。
「兄貴ー! 助けてくれよー!」
 ハーレムが叫ぶ。
「ハーレムくんは、椅子にくくりつけられ、動けない状態です。そのいましめをほどき、相手を倒すことができるか! さあ、今、雌ライオンの檻が、スタジオに運ばれてきました! 雌ライオンが、くびきから解き放たれました!」
「兄貴ー!」
 ハーレムが叫んだが、ルーザーにその声が届いた様子もない。
 ディレクター達は、襲われる危険のない場所で、その模様を見守っている。ルーザーも、そこにいた。
 ハーレムは、まだ修行前で、青の一族に代々伝わる必殺技、眼魔砲も使えない。第一、今は、縄で後ろ手にしばられ、手の平を対戦相手に向けることもできない。
「なんで来ないんだよ! 兄貴ー!」
 このままだと食われる。そんな恐怖が、ハーレムを襲っているようだ。
「ガルル……」
 雌ライオンが、ゆっくりと近づく。
 ハーレムは、なんとか自力で縄をほどいて立ち上がった。が、対手の動きの方が早かった。
 ハーレムは覚悟を決めたようだ。
 その時!
 雌ライオンが、ハーレムに甘える仕草をした。
「おおっと! ここで思いもかけない展開が! この雌ライオン、どうやら発情期ででもあったのでしょうか! ハーレムくんのことを、雄ライオンと勘違いしているようです!」
 ハーレムは、この頃から見事な獅子頭であった。
「雌ライオンに戦う意思がないとすれば、この勝負、ハーレムくんの不戦勝です!」
 ルーザーの声に、ハーレムはへたへたと地面に座り込んだ。
「た……助かった」
「良かったですねぇ。ハーレムくん。おめでとう!」
「おめでとう、じゃねぇよ! ルーザー兄貴! なんだ、助けに来てくれたかと思ったら、こんなやつらとグ、グルになって! もうおまえなんか知るもんか!」
「ハーレム……」
 ハーレムはわああっ、と叫びながら、スタジオを出て行った。
「ハーレム……」
 ルーザーの手には、ちゃっかり、賞金の100万円と、副賞のハワイ旅行の券と、ギャラが握られていた。

後書き
元ネタは、「笑う犬の○活」だったかでやってた、レポーターのおばさんです。衝撃映像を伝えるためだったらば、実の息子でも売っちゃうの。うふっ。

2005年01月10日 (月) 18時15分




Number
Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方   CGI改造作成
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板