無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする

投稿する

ここに小説を書きます。なお、管理人以外は書き込みはできませんのであしからず。

ホームページへ戻る

(4) マジシャン――MAGICIAN 1 投稿者:Tomoko MAIL URL
 ジャンはわくわくしながらテレビを観ていた。
 デビット・カッパーフィールドの手品は華麗で大掛かり。バーミュータ・トライアングルの島を消したり、オリエントエクスプレスを消したり――と、消すネタばかりだが、とにかく、ジャンは、子供のように夢中で魅入っていたのだ。
「よーし! 俺もカッパーフィールドやハリー・フーディ二のような手品師になる!」

「おみゃあ、何しに来たぎゃ。ここは関係者以外立ち入り禁止だでよ」
 かえるやヤモリのミイラ、黒魔術の怪しげな本、煮立っている液体のたたえられた鍋。様々の奇妙な代物の揃った部屋で、名古屋ウィローは渋い顔をしていた。
「ウィローさん、頼みがあるんだ。アンタをガンマ団一の手品師と見込んで!」
「ワシは手品師じゃにゃあ」
「俺、カッパーフィールドのような手品師になりたいんだ」
 ジャン、人の話を聞いていない。
「ワシは忙しいから、他を当たるぎゃ」
 ウィローはジャンに背を向ける。ジャンは、がばっと床に手をついた。
「そんなこと言わないで。お願いします。師匠」
 本棚に向かおうとしていたウィローの足が、ぴたりと止まる。
「師匠……?」
 ウィローはジャンのところに戻ってきた。
「おみゃあ、ちょっと、さっきの言葉、まっぺん言ってちょ」
「え……あの、師匠ってやつ」
「そうそう」
「師匠」
「まっぺん」
「師匠」
「くーっ。いい響きだぎゃ。まっぺん言ってくれるきゃ?」
「OK! し・しょう! し・しょう! し・しょう! し・しょう! ワーッ」
 どんどんぱふぱふ〜っ。
 紙吹雪でもぱっと散りそうな勢いである。
「わかったぎゃ。おみゃあさんの師匠、引き受けるぎゃ。ますは初歩的な手品から始めるでよ。魔術は日々是精進だで。早速レッスンだぎゃ」

2003年08月27日 (水) 16時13分




Number
Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板