無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする

投稿する

ここに小説を書きます。なお、管理人以外は書き込みはできませんのであしからず。

ホームページへ戻る

(51) JANUSコンビとライ 〜南の島の歌シリーズ〜 投稿者:Tomoko MAIL URL
「待てっ! アス」
 島の林の中で、ジャンは、アスを追いかけていた。
 アスが、なんのかんのと言ってジャンをからかい、ジャンは怒ったふりをして、追いかけていたのだ。もちろん、本気ではない。
 アスは、ジャンから笑いながら逃げていく。俊足だから、ジャンは簡単に追い付けない。
 二人のレクリエーションのようなものだ。
「あっ、ライ」
 ジャンが、小みちで散歩していたライと行き会った。
「ジャンか」
 ライは、ふぅっと溜息を吐いた。
「なぁ、ライ。今日、どっか遊びに行かない?」
 ジャンが誘う。
「行かない」
 ライはにべもなく答えた。
「じゃあ、明日は?」
「明日も明後日も、ずーっと用事がある」
「……ストームになんか言われた?」
「なんであいつの名前が出てくるんだ。あいつは関係ない」
「じゃあ、どこか行こうよ。アスも一緒にさ」
 ジャンはにへらにへらと笑っている。
「断る」
「冷たいなぁ。俺達、し・ん・せ・き、だろ?」
「いとこのはとこのまたいとこだがな。こんな奴と同じ血が少しでも流れているなんて、嫌だね」
「ライ〜」
「また今度な」
 ライは、手をひらひらさせると、行きたい方にさっさと行ってしまった。
「あーっはっはっはっ。振られたな、ジャン」
 アスが、腹を抱えて笑っていた。
「んだよ」
「でも、おまえもめげないな。よくアタックしていると思うよ」
「まぁね。長い付き合いだから。昔はよく遊んでたのになぁ……なんでこうなったんだろ。あっ、そうか」
 ジャンは、ぽんと手を叩いた。
「きっと恥ずかしがっているんだな。もうお年頃だから」
 ジャンは勝手に一人合点した。
 アスは知っている。ライが自分に焼き餅を焼いているのを。
 だが、こうやって振られ続けるジャンを見るのは楽しいから、教えるつもりはない。
「そろそろ飯にしよう」
「ちゃんと食べられる物を頼むぞ」
 ジャンの提案に、アスが茶々を入れる。
「俺の作る食事は旨いぞ」
「何をいうか、この味音痴」
「そういう根拠はあるのか?」
「塩が好物なんて、貴様ぐらいのもんだ。それに、貴様の料理は、かなり評判悪いぞ」
「でも、おまえは喜んで食べていたじゃないか」
「青の一族に食事に呼ばれるまでだな。あそこの食事と比べれば、月とスッポンだ」
「じゃあ、おまえ、あそこで食べてくればいいだろ。同じ一族なんだから。ライもきっと歓迎してくれるさ」
 すっかり気分を害したジャンは、畑を抜けて、赤と青の秘石が祀ってある城に行こうとする。
「まぁ、ヤシの実ジュースぐらいなら、呼ばれてもいいが……」
「ほんと?!」
 ジャンの顔がぱあっと明るくなる。
「ああ。あれなら、ヤシの実さえ割ることができれば、簡単に飲めるからな」
「アス……もしかして、馬鹿にしてないか?」
「そのとおり」
「このっ!」
 ジャンが拳固を振りかざすと、アスはまた逃げ出した。
「ヤシの実ジュース、頼んだぞ!」
「おまえを一発殴ってからだ!」
 透視能力でそれを見ていた赤の秘石がこう嘆息した。
(やれやれ。ジャンは、さっぱり仕事しませんねぇ)
(アスも、あんなことで番人が務まるのか。赤の番人と戯れているだけではないか。肉体を持たせたのが間違いだったかな)
 青の秘石も、思念波で赤の秘石に意見を伝えた。
(肉体を持たせたのが間違いだったと言うんですか。最初に提案したのは、ジャンですよ。あの子が悪いとでも?)
(おまえは過保護に過ぎる。誰もジャンが悪いなどとは思っていない。アスが、『肉体を持ちたい』と言うのは、自由意思だったしな)
(でも、きっかけはジャンでしょう?)
(そうだな)
 ジャンが、アスに与える決して少なくない影響力に、青の秘石も頭を抱えていた。もし、頭があればの話だが。
(二人が仲良くするのは、結構なことなんですがねぇ)
と、赤の秘石は、友達と遊戯するのに夢中な子供の心配をするような、そんな思念波を青の秘石に送った。

2007年09月08日 (土) 09時09分




Number
Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板