無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする

投稿する

ここに小説を書きます。なお、管理人以外は書き込みはできませんのであしからず。

ホームページへ戻る

(7) マジシャン――MAGICIAN 4 投稿者:Tomoko MAIL URL
「ジャ〜ン〜。なんだよ、これは」
「そうだ。こんな頭で部下の前に出られるか」
「待ってくれよ。二人とも。今師匠と連絡とるからさぁ」
 シンタローとハーレムにいびられながら、ジャンはウィローが電話に出るのを待っている。
 ジャンの魔法は成功し過ぎて、みんなの頭に花を咲かせてしまったのである。
 ジャンは、魔法をとく方法を、ウィローに教えてもらおうと思ったのだ。だが、受話器から出たのは、非情にも、
『ただ今留守にしとるで、またかけてちょ』
というメッセージだった。
「そんな〜」
「ジャン〜。てめえ覚悟しろよ〜」
「わぁ、ごめん〜」
 ジャンは駆け出した。
「かわいらしいですよ。グンマ様、キンタロー様」
「ありがとう。高松もかわいいよ」
「本当か? 高松。そう言う人は滅多にいないんだが……」
「シンちゃーん。せっかくだからみんなで写真撮ろうじゃないか」
 グンマと高松、マジックはそれぞれこの状況を楽しんでいるようだ。キンタローも、照れくさそうだが、嬉しそうだ。
「頭にまで花を咲かせるとは、手品というのはすごいものだな」
 キンタローは、ややずれた発言をした。
 そして――
「あれ? サービスはどうして頭に花がないんだ?」
 アフタヌーンティーをしたためにダイニングに、向かっていたサービスは、質問してきたジャンに振り向いて答えた。
「そりゃ、私は年中頭が花畑のやつらと違うからな」
 ジャンは、そういうもんかな、と疑問に思ったが、シンタローとハーレムが追いかけてきたので、急いで逃げ出した。

2003年09月15日 (月) 18時16分




Number
Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板