無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする

投稿する

ここに小説を書きます。なお、管理人以外は書き込みはできませんのであしからず。

ホームページへ戻る

(8) デビルフィッシュ 投稿者:Tomoko MAIL URL
(台本のト書き調で)

ハーレム:土産だぞ。ロッドからだ。

それを聞いて、サービス、高松、ジャン、振り返る。

ジャン:わぁ、タコじゃないか。
高松:活きがいいですねぇ。まだ動いてますよ。
サービス:おまえら……それ、食べるつもりなのか。
ハーレム:当たり前だろう。そのためにもらってきたんだ。

ハーレムの回想。特戦部隊――

ロッド、マーカー、G、ハーレムがいる。

ロッド:俺さぁ、この間の休暇、実家に帰ってたんだよね。
マーカー:ほぉ、おまえにはそんなの(実家)もあるのか。
ロッド:いつもは遊びまくってんだけどさぁ、たまには帰ってこいって親父がうるせぇから。んでもって、お土産にタコ持ってきたんだ。それがこれよ。まだ生きてるだろ?
ハーレム:俺たちにか?
ロッド:まぁね。いつも世話になってるから、一匹千円でいいっすよ。

ドウッ(眼魔砲)

ロッド:ただでいいです〜〜。
ハーレム:良し。

回想シーン終わり

ハーレム:てなわけでロッドからありがたく譲り受けたモノだ。
ジャン:新鮮なうちに食っちまおうぜ。
サービス:冗談じゃない。ハーレム、タコなんか食うな。
ハーレム:そう言ったって、うまいんだぜ。これ。
ジャン:サービスは、タコ食べたことないのか?
サービス:あるものか! そんなもの!
ジャン:今日はタコのマリネな。
サービス:勝手にしろ。

マジック登場。

マジック:やあ、みんな。どうしたのかね。
サービス:兄さん、兄さんは、タコ食べたことありますか?
マジック:もちろんあるとも。シンタローも、大好物だよ。
サービス:……ルーザー兄さんは、決して食べませんでしたよ。
マジック:ああ、そうだったな。可哀相に。あんなにおいしいのにねぇ。
サービス:(……マジック兄さんの裏切り者)

ナレーター:三十分後――

ジャン:タコのマリネ、完成したぜぇ。

グンマとキンタロー登場。

グンマ:わぁ、今夜のおかずも、おいしそうだね。
キンタロー:なんだ? 見慣れない料理だが。
サービス:グンマは、タコは食べたことはあるか?
グンマ:ううん。高松が、食べてはダメだって。
サービス:高松……。
高松:ルーザー様に言われたんですよ。タコやイカは、悪魔の魚だから、食べてはいけないって。だから、ルーザー様からそのお話を聞いてからは、決して口にはいたしませんでした。
ハーレム:ふん。好きにしろ。俺は食うからな――ああ、おいしい。
グンマ:……僕も、食べてみたいなぁ。
ジャン:ああ、いっぱいあるから、どんどん食ってってよ。
グンマ:高松ぅ、食べていい?
高松:ああッ! そんな顔で見ないでください。ついつい許したくなってしまうじゃないですか……私に気兼ねしなくてもいいんですよ。グンマ様も、一人で判断する時期ですし。
キンタロー:俺も食べていいか。タコを食すのは初めてだ。
ジャン:サービスもいるか?
サービス:いらん!

サービス、部屋を出て行く。ひとりになって。

サービス:ルーザー兄さんは、どんなことがあっても、タコやイカは食べなかったね。さっきも高松が言ってたけど。――兄さん、僕、タコ食べなかったよ。

その頃、一方では――

Gとタコは見つめ合っている。

G:…………

タコ:…………

G:…………

タコ:…………

ナレーター:この状態が、一晩中ずっと続いたという。やがて、情が移り、Gはこのタコを飼うことにした。

ナレーター:翌日――

ロッド:ふぃ〜、遅れた遅れた。隊長からドヤされるかな。
サービス:ロッドくん。
ロッド:あ、サービス様ですか。おはようございます。ちょっと急いでますんで、失礼……
サービス:ああ、いいんだ。すぐ終わるから。――ロッドくん、今度からは土産にタコを持ってこないようにしてくれるかい?
ロッド:用事はそれだけですか?
サービス:だけだ。
ロッド:わっかりました〜。美人の頼みとあれば、このロッド、守らないわけにはいきませんね。
サービス:ふん、ムダ口はいい。
ロッド:ふぁ〜。やっぱり隊長の弟御さんだけあって、高飛車っすね。
サービス:陰に回って言え。そういうことは。
ロッド:怒った顔も綺麗っすね。
サービス:用事はどうした。
ロッド:おっと、忘れるとこだった。じゃ、タコは持って来ないようにしますんで。
サービス:それでいい。

ナレーター:後日――

ハーレム:ロッドのヤツが、今度はイカを……。
サービス:いい加減にしろ!

終わり

2003年09月26日 (金) 16時57分




Number
Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板