無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする

投稿する

ここに小説を書きます。なお、管理人以外は書き込みはできませんのであしからず。

ホームページへ戻る

こちらの関連記事へ返信する場合は上のフォームに書いてください。

(15) キンタロー 投稿者:Tomoko MAIL URL
 その光景を見たとき、リキッドは思わず皿を落としてしまった。
「な、なにやってるんすか! アンタら!」
 四つん這いになったGの上に、キンタローが乗っかっていた。大の男二人のそんな姿を見れば、誰だって驚くだろう。
「なにって、乗馬の稽古だが」
 キンタローはしれっと答えた。
「そんなもん、ユキノブでやりゃいいじゃねぇかよ」
「ああいう暴れ馬は初心者には向かん」
「だいたい、どうして乗馬の稽古なんかしてるんですか」
「いつか騎手になって、ハーレムが賭ける馬を勝たせてやりたい」
 なんてふざけた理由なんだ……。だが、本人はいたって大真面目らしい。リキッドは頭がくらくらした。
「G、アンタはどうしてつきあってるんだ」
「上司のためだ」
 Gは、低い、太い声できっぱりと言った。
 その横で、ハーレムはこのやり取りを聞きつつ、一服している。
「G、次、オレね」
 ロッドが口を出す。
 リキッドは、それをよそに、頭の中で、あるメロディーを追っていた。

 あ〜しが〜らや〜まのきんたろ〜
 く〜まにま〜たがり おうまのけいこ
 はいしどうどうはいどうどう はいしどうどうはいどうどう……

2004年06月04日 (金) 17時26分




名前
Eメール
題名
内容
URL
削除キー 項目の保存

Number
Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方   CGI改造作成
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板