無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする

投稿する

ここに小説を書きます。なお、管理人以外は書き込みはできませんのであしからず。

ホームページへ戻る

こちらの関連記事へ返信する場合は上のフォームに書いてください。

(16) if…もうひとつの光と闇 投稿者:Tomoko MAIL URL
 鉄塔の上に、マジックが立っていた。
「私にも仕事がありますんでね」
 リカードは、もうひとつの拳銃、デリンジャーを取り出し、マジックの方へ向けた。
「このままやられるわけにはいかないんですよ……これが私の、最後の足掻きです」
 ドォン――リカードの後ろで、爆発音がした。マジックが秘石眼を使ったのだ。
 巨大な炎が港を包んだ。
 マジックは、肩口をやられた。
「お兄ちゃん、大丈夫?」
 ハーレムが声をかけた。
「ああ、大丈夫だ……さあ、リカード、次はおまえの番だ」
 マジックが眼力を使おうとした。そのときだった。
「やめて!」
 サービスが止めた。
「リカードさんを殺さないで!」
 幼い頃から好きだった。サングラスの奥の目は、優しかった。双子達はリカードを愛していた。
 ハーレムも、そうだ、そうだと唱和した。
「お前達……リカードはお前達をさらおうとしたんだぞ」
「そうだけど……」
 ハーレムは言葉を探そうとした。いつか草原でリカードに肩車をしてもらったことが、何故か脳裏に浮かんだ。
 その様子を見て、マジックがくすっと片頬笑みをした。
「……命拾いしたな。リカード」
「いいえ」
 リカードは決然と首を振った。
「坊ちゃん達には悪いですが、私もK国の人間。私も仲間達と、命を共にします。……ハーレム坊ちゃん、その銃はあなたにあげます。大切にしてくださいね」
「リカードさん!」
 リカードは、炎の方へと歩き出した。ハーレムが叫んだときは、もう、リカードは炎の中へと消えていた。
「……相変わらず、仕様のないやつだ」
 マジックは、ひらりと降り立った。リカードの後姿を巻き込んだ巨大な火を、目をこらして眺めていた。

後書き
これは、『光と闇』を読んだ人にしかわからないと思います(どうしてそーゆーローカルネタをやるんだ、え?)
リカードさん、どっちにしても、最後には死んでしまうんですね。
まぁ、あれが彼の運命なのだとしたら、仕様がないけれど、殺してしまうには、惜しいキャラだったな。でも、敵の情けを受けてまで、生きようとは思わんかったんだろうな。

2004年12月29日 (水) 19時29分




名前
Eメール
題名
内容
URL
削除キー 項目の保存

Number
Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方   CGI改造作成
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板