無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする

投稿する

ここに小説を書きます。なお、管理人以外は書き込みはできませんのであしからず。

ホームページへ戻る

こちらの関連記事へ返信する場合は上のフォームに書いてください。

(2) 黄金の獅子舞 投稿者:Tomoko MAIL URL
 特戦部隊隊長ハーレム――若き日は、その鬣のような立派な髪にちなんで、『黄金の死神』と呼ばれていた。

 ある日のこと、今日も黄金の死神は破格の破壊力で、敵軍に恐れられていた。
「なぁ、あいつじゃねぇか? 黄金の死神」
 敵軍――T国の一群は、ひとかたまりになって、隠れていた。
「うへぇ、こっちに気付くなよ」
「くわばらくわばら」
 その時である。新兵のマツダが言った。
「あのぅ……あの人、そんなに怖いでしょうか」
「当然じゃねぇか。あいつ、何人殺してきたと思っているんだ」
「でも……あの人、獅子舞にそっくりじゃありませんか?」
「なんだ? 獅子舞って」
「僕の祖国の習慣で、正月になると、あんな風な格好をした人が踊るんですよ。獅子舞に噛まれると、頭が良くなるんだそうです。ちょっと、紙とペンを貸してくださいませんか?」
「あいよ」
「ちょうどこんな風な――」
 そういって、マツダはさらさらっとペンを走らせた。
「できました」
 そこで、他の人々も覗きこんでみた。
 途端、大爆笑の渦。
 当然、ハーレムにも気付かれてしまった。
「なんだおまえら!」
「うわぁっ! しまった!」
 その日から、ハーレムの二つ名は、『黄金の獅子舞』に変わってしまった。
 それから、ハーレムの破壊力は、前にも増して強くなったと言われているが、真相の程は、定かではない――。

2003年08月18日 (月) 17時24分




名前
Eメール
題名
内容
URL
削除キー 項目の保存

Number
Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板