無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする
好きな時に好きなだけ働ける
レンタカーの回送ドライバーってこんなお仕事です

投稿する

ここに小説を書きます。なお、管理人以外は書き込みはできませんのであしからず。

ホームページへ戻る

こちらの関連記事へ返信する場合は上のフォームに書いてください。

(5) マジシャン――MAGICIAN 2 投稿者:Tomoko MAIL URL
四月某日――。
青の一族や関係者達の間では、この時期に団の庭で揃ってお花見するのが、恒例行事となっていた。
 が。
「桜、まだ五分咲きだね」
「今年は、ちょっと寒いですからねぇ」
 グンマと高松の言葉に、一同頷く。
 ござを敷いて、重箱にマジック手製の料理を詰めて、そのお供には酒。そこに、前総帥マジック、現総帥シンタロー、ハーレム、サービス、グンマと高松、キンタロー、そしてジャンが、円を囲むようにして座っていた。
「花見をするのは初めてだ」
 キンタローは呟いた。その表情は、心なしか嬉しそうに見えた。
「ふっふっふ。どうやら俺のデビューの時期が来たようだな」
 ジャンは含み笑いをすると、
「はーい。みなさん。ちゅうもーく」
 と、なんだかどこかで見たようなノリで手を叩いて注意を引いた。
「なんだよ。チン。余興でもすんのか?」
と、シンタロー。
「チンは余計だ。俺はこれから、この庭の桜を満開にする」
「えーっ! ほんとーっ?!」
「それができたら、本当にすごいな」
「グンマ、キンタロー、こいつにそんな芸当できるわけねぇ」
「言ってくれるじゃねぇか。ハーレム。俺はこれでも、昔は赤の番人だったんだぜ。よっく見てろよ。3・2・1、それっ」
 ジャンが手を叩くと、桜は満開を通り越して、葉桜になってしまった。
「ジャーン〜。てめぇ葉桜にしてどうすんだよ!」
 シンタローがジャンに詰め寄る。
「あれ〜。おっかしいなぁ」
「はっ。ジャンの手品なんてこんなもんさ」
「まぁまぁ。葉桜ってのも、なかなかオツなもんじゃないか?」
 ハーレムが嘲笑し、マジックはマイペースに料理をつまんでいる。
「全く。余計なことしてくれたな。満開になったら、夜桜でも見ようと思ってたのに」
 サービスが溜め息をつきながら、散って落ちた花びらをもてあそんでいる。
「サ……サービスまで〜〜」
「全く、仕方ありませんねぇ」
 高松がずいっと進み出た。
「こんなこともあろうかと、バイオ印のインスタント桜の種を用意してきました。これをまけば十分で花が咲きますよ」
 そう言って、それを地面にまき始めた。
「水も肥料もいりません。あとは待つだけです」

2003年09月01日 (月) 17時22分




名前
Eメール
題名
内容
URL
削除キー 項目の保存

Number
Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板