無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする

投稿する

ここに小説を書きます。なお、管理人以外は書き込みはできませんのであしからず。

ホームページへ戻る

こちらの関連記事へ返信する場合は上のフォームに書いてください。

(54) サービスの懺悔 投稿者:Tomoko MAIL URL
 パプワ島から帰って、しばらくした後、僕達は、グラント・サーリッチ氏の牧場に招かれた(もちろん、イザベラも一緒であった)。どのぐらい広いかは、見当もつかない。グラント氏は、僕達には敵わないまでも、金持ちであった。
 シンタローは、器用に馬を乗りこなし、
「サービス叔父さーん」
と、馬上から手を振ってくれた。
 ジャンは、暴れ馬に乗って、柵にぶつかると、振り落とされた。何となく、ユキノブと木にぶつかったときを彷彿とさせる。
 グンマは、大人しい気性の馬と、ぽくぽくと散歩していた。高松が、傍らで手綱を持っている。
 キンタローは、さすがの手綱さばきで馬を操っている。彼の亡父のルーザー兄さんも、乗馬が得意だった。
 僕は、グラント氏に声をかけた。
「グラントさん、ちょっとお話が……」
「ここでかい?」
 グラント氏は、ハンサムな顔をこちらに向けた。白髪が増えてきたとはいえ、まだまだ女性達に騒がれそうな顔立ちである。僕達より、一回り以上年上だ。
「いえ。少し遠出しませんか?」
 競馬も好きだが、馬に乗るのも好きな、僕の双子の兄、ハーレムが、ついて行きたそうにしていたが、僕は、グラント氏に用があるんだ、と言うと、詰らなさそうに、近くの食堂で、《胃の洗礼》をすることにした様だった。
 イザべラも、食堂にいるのだろう。そこら辺りには見当たらない。
 マジック兄さんは、コタローの様子を見るため、ガンマ団で留守番だ。そうすることで、数年間でできた溝を埋めようとしているのかもしれない。
 僕は、グラント氏を促し、そこから離れることにした。

 シンタロー達の姿も見えなくなった。
「グラントさん。僕は、あなたに謝らなければならないことがあります」
「なんだね」

「僕は、イザべラに対して罪を犯そうとしたことがあります」

 一瞬の間の後、グラント氏が訊いた。
「――それで?」
「もちろん未遂に終わりました。彼女が僕のことを諭してくれたのです。あなたの奥様は、立派な方です」
「それは、いつの話かね?」
「十八のときです」
「というと――二十五年前か。君が一番荒れていたときだな」
「ええ。恥ずかしながら」
「しかし、どうして告白する気になったんだい?」
「自分で自分を許せない。そんな卑怯者にはなりたくなかったんです。僕は生きていくうちに、他にも罪悪を――グンマとシンタロー……いや、キンタローかな? 彼らを赤ん坊のとき、すり替えたこともありましたし、それを、マジック兄さんやハーレムの責任に転嫁したこともありました。ルーザー兄さんの為という、大義名分で。でも、それは間違いでした」
「ああ、聞いてるよ。君達は、テレビの会見で、そんなことを言ったことがあったっけね」
「当時は、親友を殺したと思っていたから、何でもできたんです。今になって、僕は、あなたに許されなくてもいい。懺悔をしようと思いました」
「そうか――」
 グラント氏は溜息をついた様だった。
「私がもう二十年若かったら、嫉妬したことだろうな」
「グラントさん……」
「モーリヤックの『蝮のからみあい』は読んだことあるかい?」
「ええ」
「読んだことがあるなら、もう一度、今度は噛み砕く様に読んでみるがいい。私は、もう少し遠くに行ってから帰る。君は先に戻ってい給え」
 その言葉には、優しいが、有無を云わせぬ迫力があった。
 僕が帰ろうとすると、背中に、グラント氏の言葉が聴こえた。
「あまり潔癖なのも、人を傷つけることがあるものだよ」

 僕は潔癖なのだろうか。
 そうは思わない。そうだったら、イザベラを押し倒すことはなかったはずだ。結局何もできなかったが。
 イザべラのことについては、もう時効かと思ったが、グラント氏に告白した。それで充分ではないのか?
 僕達の間には何事もなかったはずなのに、グラント氏は、何かに拘っている様だった。
(たとえば――僕がそういう目でイザべラを見たこと自体に)
『情欲を抱いて女を見る者は、既に心の中で姦淫を犯している。』
 そんな言葉が浮かんできた。あれは、聖書の言葉だ。
 聖書は、幼いときは、訳も分からず読んでいた。二十五年前、ジャンを瀕死の目に合わせた事件の後、読むのを止めた。今度、またひもといてみようと思う。
 グラント氏も大人だ。嫉妬は、少し牧場を回ることで、宥めようとしたのだろう。
(もしも僕が――彼の立場だったとしたら――)
 決して愉快な思いはしないであろう。
 僕は女性を、骨の髄まで愛したことはない。グラント氏には、残酷なことをしただろうか。
 イザベラを、心の底から愛してやまないグラント氏には――。
 少なくとも、彼は、妻が言い寄られるのは、夫としても自慢だと考える質の人間では、ない。
  
 だが、グラント氏は、その後も、全く態度を変えずに、僕達と接した。
 勿論、あの日、僕と交わしたあの話のことは、誰にも伏せたままで――。

後書き
話の中に、聖書の引用を入れましたが、このみことばは、マタイ五章の二十八節です。
それから、モーリヤックの『蝮のからみあい』は、『キリスト教文学の世界』に載っていた物語で、私は、これを読んだとき、最初のうちから、ぼろぼろ涙を流しました。一度読んでみてください。
作品については――何と言ったらいいのやら。ちょっと説明っぽかったかもしれないですね。

2007年11月14日 (水) 10時00分




名前
Eメール
題名
内容
URL
削除キー 項目の保存

Number
Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板