無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする

投稿する

ここに小説を書きます。なお、管理人以外は書き込みはできませんのであしからず。

ホームページへ戻る

こちらの関連記事へ返信する場合は上のフォームに書いてください。

(57) リキッドの誕生日 投稿者:Tomoko MAIL URL
 パプワ――。
 パプワハウスには毎日大勢の客がやってくる。
 俺は、皆にご飯を作ったり、その間に掃除したりして、結構大変だ。
(シンタローさんも、パプワには昔、さんざん扱き使われてたって言ってたっけ……)
 滅多に弱みを見せないシンタローも、酒の席やなんかでは、笑い話としてそういうことを口にしていた。
 だから、主婦業に目覚めたのか。俺が家政夫になっていたときには、もう立派なお姑さんだった。
 俺も――パプワに鍛えられたな。
 シンタローさんの、パプワのしごきについては、俺にも覚えがあった。だけど、それで、シンタローさんとパプワの二人は、だんだんと親密さを増して行ったらしい。
 トンガリ山でのエピソードを聞いたら、イッポンダケに登った自分の姿を思い出して、涙が出てきた。
 パプワは今も目覚めない。
 こうやって、パプワの寝顔を見られるのは、シンタローさんでもできない。赤の番人である俺の特権である。
 チャッピーには家族ができた。わりと子沢山だ。
 こうしてぴくりとも動かないパプワは、まるで死んでいるかのように見える。
 いつか――目覚める日があったら、そのときは……。
 長い長い物語を話そう。おまえが寝ている間に、どんなことが起こったか。
「リキッドさん」
 ソージの声だ。
「ん? なんすか? ソージさん」
「ちょっとね。今日、君の誕生日だって聞いたもんで」
「誕生日か……」
「子供の頃は、ランドで過ごしたんでしょう?」
「そうだな」
 俺は、パパに連れて行ってもらった、初めてのランドのことを思い出していた。
「でも、俺にとっては、ここがランドみたいなもんだから」
「ふぅん……」
「で、何しに来たんすか?」
 もしかして、俺の誕生日を祝いに来てくれたのかな――と、淡い期待を抱いたり。
「ちょっとね……はい、これ」
 それは、一輪の綺麗な青い薔薇の花だった。なんだか、いい匂いがする。
「ありがとっす。ソージさん」
「一輪百万ですからね」
「えっ? 金とんの?」
「冗談だよ、馬ー鹿」
 いかにも、聖薔薇族らしい贈り物であった。俺は、花瓶にその花を活けた。
 青の番人となったソージは、ここに残ることを許された。聖薔薇族のハッピーチャイルドで、人間の姿をしているが、ちょっと普通の人間とは違う。
 と、それを言うなら、今の俺もそうか。赤の秘石に、不老不の体に、作り変えられたんだっけ。番人の条件として。事故では死ぬこともあるらしいけど。
 だから、基本的に、俺は二十歳のまま、年を取らない。
 けれど、ソージの心遣いが、俺には嬉しかった。
「お誕生日おめでとにゃ〜」
「お誕生日スウィングスウィング!」
「め、めでたいです〜」
「おまえらの心遣いは嬉しくない」
 俺は、つい声を出して、ツッコんでしまった。
 でも、この島らしいといえばこの島らしいかな。
「ったく」
 俺は嬉しくて、つい鼻をこすった。
「他の生物達も、集まっているよ」
 ソージの言葉に俺は、うっす、と答え、開いたままのドアに向かった。
 振り向いて、パプワの寝入っている姿を見る。
(本当は、こいつが目覚めることが、最大のプレゼントなんだがな)
 でも、俺は、祈ることしかできない。パプワが起きるまで。
 何日何年何十年経っても、俺はパプワを見守る。
 俺とシンタローさんに、命を与えてくれたパプワを。
 この島の生物達は、パプワを大事にしているヤツらばかりだ。さっきのコモロだって、オショウダニだって、ヤマギシだって。
 パプワはこんなに愛されている。それは、パプワがみんなを愛したからだ。
 俺も、同じように、こいつらを愛している。
「ハッピーバースディ! リキッドさん」
 小動物達が入ってくる。
 恐竜達は、入れないので、外から俺達を見守っている。
 パプワ……おまえのおかげで、俺はこんなに島に溶け込むことができた。
「あれー?」
「どうした? エグチくん」
「パプワくん、今笑ったような顔した」
「ほんとかっ?!」
 俺は寝ているパプワの元に急ぐ。
「ほんとだ……」
「早く、パプワくんと一緒に遊びたいね」
「うん……ごめんな。パプワは……」
 俺は言葉を続けようとしたが、ソージがそれをさえぎった。
「『俺達を助けたせいで、力を使い果たした』ですか? それ何遍も聞いたよ」
 パプワの寝顔を見る為に屈んでいた俺に、ソージが視線を合わせた。
「パプワくんにとっては、シンタローさんとリキッドさんの無事が一番嬉しいんだよ。名付け親のくせにそんなことも知らないなんて、リキッドさんの馬ー鹿」
 俺は、残された赤の一族の子供に、パプワという名をつけた理由を、ソージには話してある。
「ソージ……」
 俺は、このひねくれ侍が、本当はいいヤツなのを知っている。
 ただ、誤解から、素直になれない性格になってしまっただけだ。
「――なに見てんだよ」
「いや、別に」
 ソージに今の気持ちを言ったところで、答えはわかっている。
「わおおん」
 チャッピーが、何かを伝えたそうに鳴いた。
「チャッピーがね、パプワくんも、リキッドくんが誕生日を迎えて嬉しいって」
 エグチが言った。
「はは……誕生日を迎えても、俺、年取らねぇんだけどな」
 俺の台詞は、照れ隠しに聞こえただろう――その通りなんだから。
 さすがにちょっと恥ずかしくなってきたのだ。
 俺も素直じゃない。ソージのことばかり言えねぇな。
 さぁ、今日も、張り切って、家事に取り掛かろう。今や、すっかり趣味になっちまった。
 今夜は、ご馳走だ。

後書き
えーと、リキッドの誕生日SS書くのは、これが初めてです。
重複とかありますが、その辺は見逃してください。
文章がおかしいところもあるかと思いますが、目についたら、おいおい直していこうと思います。
リキッドの誕生日なのに、パプワが中心みたいですが……。
読んでくださって、ありがとうございます!

2008年05月21日 (水) 13時43分




名前
Eメール
題名
内容
URL
削除キー 項目の保存

Number
Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板