無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする

投稿する

ここに小説を書きます。なお、管理人以外は書き込みはできませんのであしからず。

ホームページへ戻る

こちらの関連記事へ返信する場合は上のフォームに書いてください。

(6) マジシャン――MAGICIAN 3 投稿者:Tomoko MAIL URL
「…………」
「…………」
 異様な沈黙が辺りに流れる。
 バイオ桜は確かに咲いた。――咲き過ぎた。
 一面の桜、桜、桜。薄く色づいた花びらが風に舞い狂っている。
 弁当もたくさんの花びらにうずもれている。
 桜花地獄――そんな言葉が、一同の脳裏に浮かんで消えた。
「ドクター……」
 怒りも爆発といった態で、シンタローが唸るように声を出す。
「なんですかぁ?」
 高松はすっとぼけた声を出す。
「いくらなんでもこれはないだろうがッ! これじゃ狂い咲きだっつーの!」
「うーん。おかしいですねぇ」
「わぁい。お花がいっぱいー」
 グンマは無邪気にはしゃいでいる。
「グンマ様に喜んでいただけるなら、私は満足です」
「はいはい。勝手にやってろよ。ったく」
 シンタローは匙を投げた。
「これが花見というものか」
 そう言ったのは、キンタロー。
「うっとおしい! これじゃ酒も飲めねぇぜ!」
 ハーレムの酒の入った紙コップにも、こんもりと花びらが。
「こういうのも、趣向が変わっていいんじゃないかな」
「やれやれだな」
 マジックは笑っているし、サービスは呆れ顔だ。
「おっ。そうだ。ジャン、さっきは悪かったな。また、あの手品やってくれよ」
 シンタローは、「頼むぞ」といった具合に、ジャンの肩を叩く。
「え?」
「ほら、桜を葉桜に変えるヤツ」
「――あれ、ただの失敗なんだけど」
「どっちでもいいからやってくれよ。なぁ、みんなもそれでいいだろ?」
「賛成。これじゃ酒も飲めやしねぇ」
「そうだな」
「私はどっちでもいいんだけどね」
「仕方ないですねぇ。グンマ様とキンタロー様はいいですか?」
「うーん。ちょっと残念かな」
「俺も」
「いいだろ。グンマ、キンタロー。もう花見は充分堪能したろ。これじゃ掃除が大変だぞ」
「わかったよ。シンちゃん」
「つーわけだ」
 シンタローがジャンに向き直る。ジャンは立ち上がった。
「3・2・1……それっ」
 ジャンはまた手を叩いた。
 花吹雪は、ますます勢いを増したようだった。
「えっと――成功しちゃったみたい」
 ジャンは「てへっ」とかわいらしく笑ってみせても、おそらく許してもらえないだろうな、と思った。

2003年09月08日 (月) 18時04分




名前
Eメール
題名
内容
URL
削除キー 項目の保存

Number
Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板