ドンくんを語ろう

掲示板ページへ戻る


メイン掲示板U【ドンくんのテーマパーク】

『ソルエユニーク』


ドンくん関連予定表

Biography ドンくんとともに


当掲示板に投稿されている記事・画像の無断転載・引用はご遠慮ください d(^-^)ネ!

投稿されている画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます


  * 必須項目(Required)
名前(Handle) *
e-mail
タイトル(Title)
本文(Message) *
画像(Image)

URL
文字色(FontColor)
アイコン(Icon)     アイコンサンプル一覧 (IconSample)
パスワード(Password) 項目の保存(Cookie)       

No.13982 5月26日放送分 投稿者:ひらり   投稿日:2024年05月27日 (月) 22時50分 [返信]

レギュラー陣の息子たちとその父親とで福岡に旅行をする前半が放送されました。


26日に放送されたSBS芸能「憎い私の子(略称:ミウセ)」で、父子旅行が描かれた。

同日、空港で用意した垂れ幕とともに写真を撮り、続いて日本の福岡に向かった。
バスの中でそれぞれ父親がどれほど愛し上手なのか質問し、
妻の愛称を携帯電話にどのように保存したのか尋ねると、
キム·ヒチョル父親は「私の愛」と保存、イ·ドンゴン父親は「我が家」と保存、
ホ·ギョンファン父親は「中殿」と保存、キム·ジョングク父親は「子供の母親」と保存して笑わせた。

続いてよく連絡するのかと尋ねると、キム·ジョングクは、
「私たちは(両親は)連絡そんなことしない、ただ離婚だけしなかった」と言い、
これをモニターで見たキム·ジョングクの母親は
「どういうことか、とても恥をかかせる」と言って恥ずかしがった。
この中で父親に50年前に戻っても再びプロポーズするのかと尋ねると、
「結婚する、来世は優しくする」と答えた。
これに対しキム·ジョングクの父親は「心は良いが遠慮する」と拒絶、
「年を取って柔らかくなった、若い時のようにすれば私が一緒に暮らせるか」と言って笑わせた。

イ·ドンゴンの父親も「私は昔に戻ればまたドンゴンの母親と結婚する」と話した。
それと共に「愛は次の問題、一度縁を結べばただ一人だ」と話した。
これに対しイ·ドンゴンの母親も「私も情が深いのでただすると言う」と話した。

続いて宝くじ19億ウォン当選した僧侶がいる寺に移動、
以後も50回当選して金福に入ってくることで有名な寺だった。
住職が約14億ウォンで当選したという。
宝くじの名所として有名なここには銅像も有名だったが、
お腹を触れば息子を産むことができると言った。

これに皆息子たちの結婚を願ったが、
イ·ドンゴンの父親は「一度したのでドンゴンが結婚しなくても良い」と言ってクールに話した。
しかし願い事をするコイン投げにイ・ドンゴンの再婚に挑戦し惜しくも失敗した。
これに対しイ·ドンゴンが挑戦し一撃必殺で願いコインを入れることに成功、
皆「再婚大成功宝くじでも一つ買え」として祝った。



このお寺は「南蔵院」ですね。福岡県糟屋郡篠栗町篠栗1035
1995年6月に南蔵院林住職がジャンボ宝くじで1等前後賞1億3千万円に当選したそうです。




No.13983  投稿者:ひらり   投稿日: 2024年05月27日 (月) 22時54分

来週の予告です。
どこのホテルでしょうか ('(ェ)'?)ハテ?





わかりました!! (-(エ)☆)Vぶい

「古湯温泉ONCRI/おんくり」 佐賀県佐賀市富士町古湯556

福岡じゃないじゃん(笑) 佐賀県の三ツ星ホテルです。

No.13981 5月19日放送分 投稿者:ひらり   投稿日:2024年05月24日 (金) 22時34分 [返信]

最近は「憎い我が子」に出演していないと油断していたら、出演していました。(〃'(エ)'〃)ゞあはっ☆゜'・:*☆


しかしまぁ・・・カフェとは・・・止めておいた方が良いと思いますけどね。"o('(ェ)';) ウゥム…
そういえばドンゴンさんは済州島でよくゴルフをしていたような・・・



「俳優業界の不況」イ・ドンゴン、2億ウォンの融資→カフェ創業に挑戦「母は反対」

「ミウセ」のイ·ドンゴンが済州でカフェを創業したいという目標を明らかにした。

19日に放送されたSBS「憎い我が子」では、イ·ドンゴンが済州島カフェ創業に挑戦する姿が驚きをもって公開された。

この日、イ·ドンゴンは緊張した顔で銀行を訪れた。
銀行員と相談していたイ·ドンゴンは「2億ウォンの融資を受けたい」と衝撃的な発言をした。
その上「カフェ創業をしようと思う」と言って爆弾宣言をしてスタジオを騒がせた。
「息子の事業は初めて聞く話」として驚きに口を閉ざせなかったイ·ドンゴンの母親は、
特に貸出の話に驚き「貸出をなぜ受けるのか、カフェは誰でもするのか」と言って衝撃を禁じえなかった。

「事業新生児」イ·ドンゴンはカフェ創業に対する助言を求めるために、
絶えず事業に挑戦してきた「事業マニア」キム·ジュンホに会った。
イ·ドンゴンはキム·ジュンホに直接開発したコーヒーである
「アイスエスプレッソ」と「ウイスキーエスプレッソ」を披露し、
カフェを運営したいという夢を明らかにした。

イ·ドンゴンは済州島でカフェを開きたい理由について
「幼い頃から都市で人々に追い詰められて仕事をしているので、
後に済州島で海を見ながら静かに暮らしたいという夢ができた。
でも実際に済州島に行ってみると、何もすることがない。
それで私はコーヒーが好きなので、済州島で小さなカフェをしたい」と説明した。

特にイ·ドンゴンは「5月に撮影しようとした作品が延期された。時間がある」と言い、
「最近は作品製作本数が大幅に減った。生計的に他の仕事をしようとする俳優たちがおそらく多いだろう」と、
俳優として体感する業界不況について打ち明けたりもした。

続いてキム·ジュノはイ·ドンゴンのために年間売上700億ウォンの神話を書き、
自営業者たちに「カフェの神」と呼ばれるというユ·ジョンス代表を紹介して皆を驚かせた。

イ·ドンゴンはユ代表に「済州島にいつか住みたい気持ちがあり、一人でカフェを運営するのが夢だ。
コーヒーとウイスキー、ワインを売りたい」とカフェのコンセプトを説明した。
これに対しユ代表は「それは実のところ欲だ。昼間はコーヒーを売り、夜は酒を売るというのは、
人々にコーヒー専門家ではないというイメージを与えかねない」と指摘した。

その後、イ·ドンゴンはその場で「アイスエスプレッソ」を作りユ代表に披露した。
だがユ代表は「やはり予想していた味だ」と毒舌を飛ばし
「このコーヒーで多くの人が訪れることはないだろう。
私も一度作って売ったがみんな氷を入れてほしいと言っている」と皮肉った。

それと共にユ代表は「済州島ではカフェが5千個を越える」と言い、
「コンテンツがイ·ドンゴン氏にならなければならない。空間の中にイ·ドンゴンさんを入れなければならない。
イ·ドンゴンが愛する済州島を入れろ」とカフェ創業について助言した。

続いてユ代表は、イ·ドンゴンが希望するカフェのイメージについて聞き、
その場で農作物倉庫に石垣バーを設置したカフェを提案した。
またカフェ創業費用については「器物費用だけで1億ウォンを考えなければならない。
インテリア費用も1億ウォンだ。その他に保証金とその他の費用も1億、計3億が必要だ」と明らかにし、
予想より多くかかる創業費用にイ·ドンゴンは驚いた。

スタジオでこの様子を見守っていたイ·ドンゴンの母親は息子のカフェ創業計画について
「しないでほしい、不安だ」と反対した。
特にイ·ドンゴンがキム·ジュノと同業しようとすることに対して「心強い」と率直に打ち明け笑いを誘った。


No.13979 2月25日放送分 投稿者:ひらり   投稿日:2024年02月26日 (月) 22時32分 [返信]

メディアの記事からドンゴンさんの登場部分の抜粋です。


ヒョン·ジュヨプ、座った席で牛肉30人前+ビビンラーメン8人前···イ・ドンゴン「驚愕」

イ·ドンゴンが親友俳優のパク·グァンジェの家を訪ね、
普段YouTubeを視聴しながら好きだったヒョン·ジュヨプに会って喜びを隠すことができなかった。
会うやいなや、昔ながらの一羽丸ごと揚げたチキンを一羽ずつ食べ始めた3人。
「モクボス」ヒョン·ジュヨプのモクバンを直観することになった喜びに感激するドンゴンの姿に、
スタジオでは爆笑が沸き起こった。
続いて牛肉30人前を焼き始めたパク·グァンジェとヒョン·ジュヨプ。
3人で300万ウォン分を食べてみたというヒョン·ジュヨプは
「その後、グァンジェは呼ばない」と率直に話し笑いを誘った。
山のように積もった肉を食べた後、
口直しで牛の背骨をのせたビビンラーメン8人分が登場すると、
イ·ドンゴンはもちろん、スタジオの皆が驚愕を禁じえなかった。
この場面は最高16.2%まで上がり「最高の1分」を占めた。


No.13980  投稿者:ひらり   投稿日: 2024年02月26日 (月) 22時40分

パク・グァンジェさんは、元プロバスケットボール選手で、
ドンゴンさんと同じFNCエンターテインメントに所属していますね。

ヒョン·ジュヨプさんも元バスケットボールのスター選手で現在はタレントをしているそうです。


No.13978 2月11日放送分 投稿者:ひらり   投稿日:2024年02月12日 (月) 23時02分 [返信]

「イ・ドンゴン、心が揺れるほどかっこよかった」 キム・ジョンウン20年ぶりにびっくり告白


11日に放送されたSBS「憎い私の子」では、キム·ジョンウンがスペシャルMCとして出演、
ドラマ「パリの恋人」以来20年ぶりに向き合ったキム·ジョンウンとイ·ドンゴンの姿が描かれた。

この日「ラブリーの代名詞」と呼ばれる俳優キム·ジョンウンがスタジオに登場すると母ベンジャーズは大きく喜んだ。
キム·ジョンウンはドラマ「パリの恋人」で、
パク·シニャン、イ·ドンゴンの2人の男性主人公に愛される主人公として熱演し、
イ·ドンゴンの名台詞「この中にあなたがいる」を誕生させた張本人でもあった。

キム·ジョンウンはドンゴンの母に会ってみたかったと喜びを表わし、
ドンゴンの母もまた「ドンゴンが胸が痛く片思いだけして心が痛かった」と言い、
キム·ジョンウンとの初めての出会いの感想を伝えた。

特にキム·ジョンウンはドラマ「パリの恋人」撮影当時、
イ·ドンゴンにときめいたことがあると告白し皆を驚かせた。

キム·ジョンウンはドラマの中の反抗児役で出てきたイ·ドンゴンを回想しながら
「心が揺れるほど素敵だった。ドンゴンさんが反抗児のキャラクターに没頭し、
現場で話すこともあまりできなかった」と伝えた。 また「演技する時お互いに視線を合わせながら台詞をするが、
たまに照明のために視野が遮られると、
相手の目の代わりに他のところを見ながら演技をすることになる。
ところがンゴンさんが照明器具の間に入って私の視線を合わせてくれた。
配慮が格別な素敵な人だった」と演技する時、格別だったイ·ドンゴンの配慮心について伝えた。

続いてキム·ジョンウンは「この中にあなたがいる」と「赤ちゃん、行こう」の台詞の中で、
どの台詞がもっと胸きゅんしたのかという質問に
「『この中にあなたがいる』実はとてもときめいた。
急に手を自分の胸に当てて話をしたので(わくわくした)」として
「ところでこの台詞が戯画化されることがあるようだ」として残念がった。

一方、一週間に5回は酒を飲むと明らかにするほど愛酒家であるイ·ドンゴンが、
この日「節酒」を宣言し、ドンゴンの母親をびっくりさせた。
イ・ドンゴンは大きな決心をしたかのように、
家のあちこちに積もった酒瓶を整理し始め、
次々と出てくる各種の酒瓶に見守っていた母ベンジャーズとキム·ジョンウンまで驚愕した。
キム・ジョンウンは「イ・ドンゴンがあんなにお酒が好きだとは知らなかった」と、
口をつぐむことができなかった。



週に5回お酒を飲む「酒飲み」のイ・ドンゴンは「断酒」に挑戦した。
家中に散らばった酒瓶を整理していたイ・ドンゴンはショックを受け、酒を飲むことにした。
ドンゴンが目をぎゅっと閉じ、残りの酒を流しに捨てる光景は皆に衝撃を与えた。
キム・ジュンホの飲み会の誘いを断ったイ・ドンゴンは、
ティーバッグと炭酸水で「偽のビール」を作り、
断酒瞑想に挑戦し笑いを誘った。

しかし、事前に決められた集会に出席する予定だったイ・ドンゴンは、
30時間の断酒後に訪れた危機に苦しんだが、飲酒を自制する姿を見せた。
おいしいおつまみと楽しく酒を飲む一行の中で苦悩するドンゴンの姿に大きな笑いが出た。
この場面は13.3%まで上がり「最高の1分」を占めた。
しかし酒好きたちが我慢できないという高麗人参酒まで封切りされると、
イ·ドンゴンは「高麗人参酒は薬だ」として誘惑に屈した。


No.13976 僕の中に兄さんがいる 投稿者:ひらり   投稿日:2024年02月12日 (月) 22時12分 [返信]

ドンゴンさんがキム・ジソクさんのYouTubeチャンネル『私の中の宝石』に出演しました。

まずはその動画から♪


No.13977  投稿者:ひらり   投稿日: 2024年02月12日 (月) 22時33分

関連記事の訳です。


「離婚」イ・ドンゴン「最近デート芸能の参加者としてオファーが来た..それはカット」

俳優のイ·ドンゴンが「ミウセ」に出演することになったきっかけを知らせた。

12日、キム·ジソクYouTubeチャンネル「私の中の宝石」には、
「僕の中に兄がいる···☆★」というタイトルで新しい映像が掲載された。

この日、キム·ジソクは「親友」イ·ドンゴンを招待して話を交わした。
キム·ジソクは「SBS芸能大賞話題賞おめでとう。
私すごく感動した。感想で私の話をしてくれて。私は話してくれるとは思わなかった」と感謝した。

これに対しイ·ドンゴンは「私が今『憎い私の子』で定着した、ほぼ7割だ」と話し、
キム·ジソクは「はぁ8割ですね。8割くらいです」と冗談交じりに言った。
キム·ジソクは「私は受賞の感想で話してくれるのが初めてだ。
私の知り合いが私を言及してくれたのが初めてでとても気分が良かった」と伝えた。

二人は「ミウセ」に前立腺関連のエピソードが出て広告が入ってきたと。
同伴広告提案にキム·ジソクは「私はイ·ドンゴンがやればやると言った」と言い、
イ·ドンゴンもやはり「私もキム·ジソクがやればやると言った」と伝え驚きを誘った。

キム·ジソクはイ·ドンゴンに「しないと言ったようだが」と疑い、
イ·ドンゴンは「お前がまた売れているからお金をたくさんくれと言った。とにかくやれ」と叱った。
これに対しキム·ジソクは「私は無条件にすると言った」と悔しさを表わし笑いを誘った。

キム·ジソクは「でもコンテが重要だ。
私たち二人が出てきて『前立腺を守ってください』と言ったらしない」と強調し、
イ·ドンゴンは「管のようなものを使って、目が開いている。
お前が前立腺だよ。すごく痛いんだよ。
それでは私があなたに何かを食べさせるのだった。管が丈夫になるのだ」と言って笑いを誘った。

また、イ·ドンゴンは「憎い私の子」に出演することになったきっかけを伝え、
「もともと2年前から私にプロポーズをしたと言っていた。
会社では私の性格を知っているので話さなかったが、
今回「セレブリティ」が終わって次の作品がギシギシしながら休むことになった。
その時、代表が慎重に「ミウセ」の出演を勧めた」と口を開いた。

イ·ドンゴンは「私はしないと言ったが、
会社ではCPさんとメイン作家さんに会って食事でも一度しようと言った。
次の日に会ったが実は感動した。
私に「イ·ドンゴンさんは面白い必要はありません。面白さは私たちが作る」と話した。
その場にシン·ドンヨプ先輩が来たが、
「ミウセはお前が主人公ではない、母親が主人公だ」と言いながら、
母親と一緒に出てくるのはどうかと言った」と話した。

続けて「一人で出てくるのと母親と一緒に出てくるのとは全く違うと言った。
私がどんなことをしても母親が見ていれば、
人々も母親の視線であなたを見るしかないと言った。
その時「それでは明日お母さんに連絡してみます」と言った」として、
お母さんと一緒に「ミウセ」に出演することになった契機を知らせた。

特にイ·ドンゴンは最近、あるデート芸能の出演者として渉外されたエピソードに言及し、
「MCで渉外に来たと思ったら参加者だった。まさにカット」と話し、
キム·ジソクは「当然MCだと思う!」と興奮して笑いを誘った。

率直な話が交わされる中でキム·ジソクはイ·ドンゴンに
「娘のロアが大きくなって誰が見ても駄目な男を連れてくればそのままにしておくのか」と尋ね、
イ·ドンゴンは「そのままにしておく」と話し周囲を驚かせた。
イ・ドンゴンは「決定は自らするものだ 子供の人生は私が決めるものではないと思う。
ほんの小さな決定でも自らしなければならない。
私は娘が決定できるように助けてくれる存在だ」と説明した。


No.13975 28日放送分 投稿者:ひらり   投稿日:2024年01月29日 (月) 05時19分 [返信]

イ・ドンゴン父 「息子の夢は絶対反対、後になって後悔」

イ・ドンゴンがバケットリスト(死ぬまでにしたいことリスト)を作った。
そして父と深い話をした。

28日に放送されたSBS「憎い私の子」で、
イ·ドンゴンとイ·ドンゴンの父親の1泊2日の旅行が公開された。
2人は市場で夕食のための買い物を終えた後、宿舎に向かった。

イ・ドンゴンは直接「スンドゥブチゲ」をやってみると話した。
イ・ドンゴンの父親は料理が全くできないが、理論についてはよく知っているようで、
同じく料理ができないイ・ドンゴンにアドバイスをした。

2人が完成した「スンドゥブチゲ」はやや粗雑だった。
しかし一緒に作ったことに意味を置いた。
イ·ドンゴンは「父と私で何かを作って食べてみたのが初めてじゃないか」と話した。

これに対してイ・ドンゴンの父親は、「生まれて初めてだ。
あなたのお母さんが私たちに料理する機会を一度も与えてくれなかった」と話した。
だが映像を見守っていたイ·ドンゴンの母親は「しなかったこと」と訂正した。

特にイ·ドンゴンの父親は「昔の田舎は男性を台所に入れないようにした。
私たちはそんな時代に生きていたじゃないか。
それで台所に入ったら大変なことになると思った。私は最後まで入らない」と言い、
イ·ドンゴンの母親は「望んでもいない」と言って笑いを誘った。

イ·ドンゴンは食事をしている途中、
ためらいながら父親に「お酒を一杯飲まないか」と声をかけた。
イ·ドンゴンはこれに先立って、
自分のバケットリストが父親と酒を一杯飲むことだと明らかにしたことがある。

イ·ドンゴンの父親は「私があなたの『ミウセ』を見たら爆弾酒を作っていたが、
爆弾酒はそうやって作るんじゃないよ。爆弾酒の真似ばかりしたんだ」と話した。

そしてイ・ドンゴンの父親は17年産の洋酒を取り出してきた。
続いてビールグラスにビールを注いだ後、
洋酒一杯をグラスに投下させ「これが元祖爆弾」と言って一気飲みを勧めた。
イ·ドンゴンもまた、自分が直接ハイボールを作って父親に渡し、2人は一緒に酒の席を持った。

イ·ドンゴンは「最初、私が歌手だと言ったじゃないか。
その時父親は状況を見るのではなく無条件に反対した」と話した。
これに対してイ·ドンゴンの父親は「私があなたに反対した最も大きな理由は、
あなたがどんな歌を歌って賞を受けたことが一度もなかったため」と話した。

イ·ドンゴンはまた「演技者としてそれなりに運が良い道を行ったが、
ところでそのように演技する時は歌手の時とは違って不十分なのに愛をたくさん受け、
機会も与えられ、父親が変わったと考えた」と話した。

だが父親は「変わっていない」と断固として話しながら
「所属事務所の社長やマネージャーにそう言った。
この子がもっと遅くなる前に早く今からでも返せと何度も頼んだ」と話した。

イ・ドンゴンの父親は「お前の演技も下手だった。
あんなふうにしては成功できないのに、私があなたに何を言ってもお前は聞かない。
父の話は聞く必要がないと思った時だ」と話した。

これに対しイ·ドンゴンは「私は父親と対話をした記憶がない。
訓戒を聞いたりお父さんの考えを聞いたり。我々は対話をしたことがない」と述べた。

イ·ドンゴンの父親は自身の不遇で困難だった時期について打ち明けながら、
「私の息子には私と同じ道を踏まないでほしいと思って、
無意識のうちに出て行った行動ではないかと弁解をする」と話した。

父親はそれと共に「君が憎くて間違っているようにしようとしたわけではない」とし
「私がじっくり考えてみると、なぜそのようにあなたに無条件に反対だけしたのか、
一歩遅れて考えてみれば後悔する」と打ち明けた。


No.13972 1月21日放送 投稿者:ひらり   投稿日:2024年01月21日 (日) 12時26分 [返信]

今夜の放送ではお父様が登場します。

イ・ドンゴン、「父と生涯初の旅行+酒席…」始めからぎくしゃく

「憎い我が子」では生涯初めて二人きりで旅行に行ったイ·ドンゴン父子の江陵旅行記が公開される。

この日、イ·ドンゴン父子の旅行ニュースにスタジオは歴代級の期待感でざわめいた。
過去に心理相談を受けていたイ·ドンゴンは父親に対して
「幼い頃恐怖の対象だった。厳しい父親そのもの」言い、
父親との仲が安らかでないことを表わしたことがある。

続いてイ·ドンゴンは「父親と2人で酒を一杯飲むのが願いだ」と告白し目を引いた。
イ·ドンゴンを通じて言葉だけで聞いていた父親が登場すると、
スタジオでは「感じが軍人や公務員生活を長くされた方のようだ」として、
いつにも増して熱い反応を示した。
特にイ·ドンゴンの母は2人の生涯初の旅行の姿にさらに緊張した姿を見せた。

二人きりで時間を過ごすのは何でも初めてのイ·ドンゴン父子のぎこちなさは車の中から始まった。
沈黙だけが流れる父子を見守っていたスタジオでは「今旅行に行くのですか?」と緊張した。

長い沈黙の末、運転経歴50年を誇るイ·ドンゴン父は、
ナビゲーションが案内する道とは全く違う道にイ·ドンゴンを指示し道案内を始めた。
続く父親だけのマイウェイ式話法にイ·ドンゴンは結局運転をあきらめる事態まで勃発したというが、
果たして何が起こるか関心が集中する。

父親との初めての旅行のために直接江陵の美味しい店を探してみたイ·ドンゴンは
「父親が好きそうな飲食店がある」として美味しい店に向かった。
しかしイ・ドンゴンが訪れた美味しい店は予約をしないと食べられないところ。

予約はできなかったイ·ドンゴンは予想できなかった状況に当惑し、
これにイ·ドンゴン父は不快な表情を隠すことができなかった。
さらにイ·ドンゴンの父の一言にイ·ドンゴンはそのまま固まってしまったというが、
これを見守っていたイ·ドンゴンの母親は最初からギクシャクする親子の間をハラハラと眺めていたという。

一方、この日の夕方イ·ドンゴン父子の生涯初の飲み会が実現したことを予告した。
一度もしたことのない話を交わしながら本音を打ち明けた父子は、
互いに異なる立場でついに葛藤を経験したというが、
果たして人生で初めての旅行でイ·ドンゴン父子は近づくことができるのか帰趨が注目される。


No.13973  投稿者:ひらり   投稿日: 2024年01月21日 (日) 23時55分

イ・ドンゴン 父と江陵旅行、市場で人気満点「お父さん満足」


俳優のイ·ドンゴン父子の江陵旅行記が公開された。

21日に放送されたSBS芸能番組「憎い我が子」でイ·ドンゴン父子の旅行記が公開された。

「気になる。どうなるか」と見知らぬ建物の前に到着したイ·ドンゴンは、
車から降りて誰かを嬉しく迎えた。
すぐに荷物をまとめて出てくる父親を出迎えたのだ。

イ·ドンゴンは車に乗った父親に
「驚かなかったですか?私が旅行にでも行こうと言ったので」と声をかけた。
イ·ドンゴンは過去の心理カウンセラーに
「子供の頃、私にとってとても恐怖の対象でした。
一言で言えば厳しい父親そのものだった。
私が音楽を聞くことが好きで、そちらに準備をして、
学びたいと相談したが「だめだ」と一発で父親によって断られた。
実は私が父と2人でお酒を一杯飲んでみるのが願いの一つだ」と打ち明けたことがある。

お父さんに勇気を出して旅行に行こうと提案したイ·ドンゴン。
シン·ドンヨプは「ドンゴンがお父さんと旅行に行ったことがあるのか」と尋ね、
ドンゴンのお母さんは「ありません。初めてだ」と答えた。

渋滞した道路を見てイ·ドンゴンの父親は
「いや、さっきこっちに来るんじゃなかった。
さっき左折すべきだった」と指摘した。
イ·ドンゴンは「父親が話してくれた道に出れば良いと思う。
お父さんの言う通りに行ってみます。右折ですか」と車を向けた。

イ·ドンゴンは「驚かなかったんですか? 私が旅行に行こうと言ったので」と父に尋ね、
イ·ドンゴンの父は「私はあなたと二人で一生旅行に行ったことがないじゃない。
鏡浦台に直行するのか」と尋ねた。
イ·ドンゴンは「その近くに水炊き屋の有名なところがあるそうです。
そこに一度行ってみようと思います」と話した。

父親と食堂を訪れたイ·ドンゴンは、
カエルの寄せ鍋をおいしく食べる姿を見せ父親を驚かせた。
イ·ドンゴンは「鍋に入っているカエルはハードコアだ」と言っておいしく食べた。
イ・ドンゴンの父は「おまえは意外とよく食べるね。
おまえと私は胃が良いんだよ」と言って笑いを誘った。

父にイ·ドンゴンは「ミウセの放送は全部見ましたか? 」と尋ね
「一つも欠かさず全部見た」と答えた。
イ·ドンゴンは「母親が放送に出てきて私の周辺でとても美人だ、
優雅だという話をたくさん聞くんですよ」と父親に話すと、
イ·ドンゴンの父は「私にも誰かがそう言った。
でも知り合いの病院でお母さんに二重にさせるんじゃなかった」と言い、
イ・ドンゴンは「お母さんが必要だと言って教えてあげたんですが、
美容手術ではなく眼瞼下垂手術でした」と説明した。
父は「お前のお母さんがその手術をしなかったら、放送で顔がもっと明るくなったはずだよ。
善良だった表情がなくなってしまった。私はしないよ。
いくらまぶたが覆われてまつげが目を刺してもしない」と断固とした姿を見せ、
ソ·ジャンフンは「本人の所信がすごい方だ」と話した。

海辺に来たイ·ドンゴンの父は「君のおかげで冬の海を全部見る」として好きな姿を見せ、
父親と息子が互いに写真を撮ってくれる姿を見せて温かさを醸し出した。
イ·ドンゴンは父親に作ってあげる料理の材料を買いに市場が訪問し、
市場の客が「ハンサムです」と言ってイ·ドンゴンを調べると、
イ·ドンゴン父が満足そうな笑みを浮かべて和やかさを醸し出した。

No.13974  投稿者:ひらり   投稿日: 2024年01月22日 (月) 00時12分

ダイジェストはこちらで視聴できます。

   YouTube 「SBS Entertainment」チャンネル

No.13970 14日放送分 投稿者:ひらり   投稿日:2024年01月15日 (月) 00時07分 [返信]

「ミウセ」でイ·ドンゴンが新年の運勢を占いに行った中で、理性と息子運があると言って目を引いた。

14日放送されたSBS芸能「憎い我が子(略称ミウセ)」で、
イ·ドンゴンが四柱推命する姿が描かれた。

キム·ジュンホに会ったイ·ドンゴンが描かれた。
2人が向かったところは新年の運勢を見ることができる法堂。
占い師に会った二人だった。 四柱で物占いをするという占い師。
「運が悪ければ紙が沈む」と話した。
それと共に「事故が起きることもあり健康が良くないこともあり、健康を失うこともある」と言い
「先祖が楽でないと気泡が生じることもあり、紙が動かないことが一番良い」と話した。

イ・ドンゴンの四柱を見ることにした。
占い師は「涙が出そうだ」と言い、
イ·ドンゴンを見て残念がっていたが「ちょっと悲しい」と話した。
イ·ドンゴンに対して「悲しみがたくさん感じられ、とても寂しい、胸でたくさん泣く」と涙、
イ·ドンゴンに対して「20年前に大きな大運があったが運をたくさん逃した、
その後立ち上がれず20年間同じ立場にいる」と言及した。

これに対しイ·ドンゴンは「あまりにも正確な表現」と話した。
イ·ドンゴンは「良い作品、お金、人まで多くのものを失った、数え切れない」として
「私がとても未熟だったため」と話した。
すると占い師は2024年6月と7月にドラマが始まるので、全く違う役を演じなければならない、
ただし完全に違う役割をしなければならない」として悪役をしろと助言した。
占い師は「非常に恐ろしい悪役デビューをしろ、
あなたは本当にうまくやると思う、人々は驚くでしょう」と付け加えた。

また、占い師は「今まで監獄にいた」と言い、
「罪を犯したことがないのに罪の償いを払ったこと悲しいことも多く、
その心の世界の誰も分かってくれなかった 誰も助けてくれなかった」と話した。
占い師はイ·ドンゴンに対して「それでイ·ドンゴンも心の扉を閉じた」と言い、
イ·ドンゴンは「みぞおちを刺した」と驚いた。

続いて占い師は「2024年は貴人も理性もある」と言い女運まで言及、
「しかし女が人生に大きく良くはない」と言って驚かせた。
占い師はイ·ドンゴンに対して「50歳を過ぎて結婚運が来ることはあるだろうが、
事業をする女性に会え」と言い
「芸能人はダメ、芸能人に会ったら4〜5回離婚するだろう」と助言、
「50歳に事業をする女性に会え、その方と再婚することもありうる」と話した。

特にイ·ドンゴンは「偶然人相も見たが息子が見えると言った」と言うと、
占い師も「息子がいる 末子の息子が見える」と話した。
甚だしくは「貴重な息子」と言ってイ·ドンゴンを感心させた。

No.13971  投稿者:ひらり   投稿日: 2024年01月15日 (月) 00時15分

『アラフォー息子の成長日記』kntvでの
ドンゴンさんが出演した回の日本の放送開始予定です。

    ☆2024/02/07 23:50 #365 (韓国 2023/10/29放送分)

No.13969 謹賀新年 投稿者:ひらり   投稿日:2024年01月01日 (月) 20時53分 [返信]

本年もドンゴンさんの応援、宜しくお願いいたします。


No.13965 2023 SBS芸能大賞 投稿者:ひらり   投稿日:2023年12月30日 (土) 21時23分 [返信]

ドンゴンさんが30日午後、ソウル麻浦区上岩洞のSBSプリズムタワーで開かれた
「2023 SBS芸能大賞」に参加しました。

おそらく「憎い我が子」に出演しているからでしょう。

何か受賞する予定があるのでしょうか・・・('(ェ)'?)ハテ?

No.13966  投稿者:ひらり   投稿日: 2023年12月31日 (日) 01時44分

ドンゴンさんが「話題賞(ホットイシュー賞)」を受賞しました。

以下、メディアの記事から抜粋です。

ホットイシュー賞は「憎い我が子」のイ·ドンゴンが受賞した。

イ·ドンゴンは「むしろ私が『憎い我が子』をすることになり、
多くの方々に応援を受けて慰められたと思う。
とても感謝している」と伝えた。

また「9割は母親のおかげ」と言い、
「力を加えなければならないとすぐさま駆けつけてくれたキム·ジソクも素敵で感謝した」と
感謝の気持ちを伝えた。

イ·ドンゴンは「私の目には世界で一番きれいな娘ロア。
パパがロアのおかげで賞をもらったと本当にありがとうと伝えたい。
来年はもっと率直で飾り気のない姿をお見せする」と付け加えた。

No.13967  投稿者:ひらり   投稿日: 2023年12月31日 (日) 01時52分

授賞式の様子はKntvで放送されます。


☆「2023 SBS芸能大賞」日本初放送!

  放送日  1月2日(火)後8:30〜深2:00(予定)

No.13968  投稿者:ひらり   投稿日: 2023年12月31日 (日) 02時20分




Number
Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板