生長の家「本流復活」について考える(続したらば版)

この掲示板は、生長の家の「今の教え」と「本流復活」について、自由に議論をするため に作成したスレッドです。
生長の家に関連する話題なら、広く受け付けます。
どの立場の人の投稿も歓迎しますが、谷口雅春先生の説かれた教えを支持、共鳴する人のためにサイトです。
生長の家創始者・谷口雅春先生のご人格や教えへのご批判をされる内容の投稿は一切許可しません。
明らかに目的外の投稿は、削除の対象となります。
目的外の投稿の判断は、最終的には、管理人である「トキ」の判断になります。
アラシ投稿や他の投稿者様を誹謗中傷する投稿をする人は、警告なしに削除します。また、アラシ投稿をする人は投稿制限をかけます。
以上の方針に同意された方のみ入室してください。

旧・生長の家「本流復活」について考える(したらば版)

生長の家「本流復活」について考える(続したらば版)

生長の家「本流復活」について考える(せっかく版)

際どい話題は、「生長の家「本流復活」について考える(せっかく版)」にお願いします。

傍流掲示板

別天地の掲示板です。
名前
メールアドレス
スレッド名
本文
画像
URL
削除キー 項目の保存


生長の家青年会全国大会 (12544)
日時:2019年04月29日 (月) 21時50分
名前:日野智貴

1.
 事前から判り切っていたことではありますが、この大会でも例年通り「国歌斉唱」から始まりました。有難いことです。

2.
 ネット上ではこれまで「『大自然讃歌』『観世音菩薩讃歌』に続き、『凡庸の唄』も聖経扱いされるのではないか?」という根拠のない主張が広まっていました。中には「総裁の霊言からも明らか」という人までいました。
 ちなみに、『大自然讃歌』や『観世音菩薩讃歌』については「聖経」扱いはされていませんが、「経本」として先祖供養等に使用されています。『凡庸の唄』はそのような扱いを受けていません。
 今回、総裁先生は「『凡庸の唄』を青年に読ませると、副作用があるのではないかと心配した。」「青年が『凡庸の唄』を読んで怠け者になっては困る、上に伸びようとするように青年は出来ている。」「しかし、上に伸びるだけでなく横側に大きくなることも必要。」という旨の話をされました。『凡庸の唄』の聖経視を考えているならば出ない発言です。

3.
 二酸化炭素濃度が異常に増え続けていること、台風についても例えばアフリカのある国では「一度上陸した台風が海に出て、再び上陸した際にさらに巨大化」した結果、国土の相当部分が水没して地形も変わってしまった、という話を紹介されました。
 「一切の」衆生を救うのが菩薩です。こういう話を聴くと、やはり「神・自然・人間の大調和した新文明構築」に励まなければならない、と改めて思いました。

御佛の 生まれし國なる インドをば 救はむ聖戦に 君神になりぬ (13050)
日時:2019年05月15日 (水) 11時24分
名前:日野智貴

御佛の 生まれし國なる インドをば 救はむ聖戦に 君神になりぬ

これは、姫路護国神社の社報『安寧』第21号に掲載されていた短歌です。姫路護国神社は帝国憲法の復原・改正運動にも好意的な素晴らしい神社です。

姫路護国神社には、大東亜戦争ビルマ戦線で殉職された4266柱もの英霊が祀られています。

大東亜戦争自体は正当化できません。志那事変が失敗した結果の開戦であり、最後は連合国による国土占領と言う大失敗に終わったのですから、時の政府・軍部の判断ミスにより多くの人命が失われたという事実を否定することはできません。

しかしながら、大東亜戦争の目的の一つであった「大東亜諸民族の解放」という目標は、最終的に達成されました。それは、神の御心に適っていたからです。

ビルマ解放、インド解放のために戦った英霊はまさに神様として亡くなったのです。無論、当時の日本の実相が本当に顕現していたら「死して神になる」ではなく「生きて神になる」であったはずですが。

さて、私たちは英霊に報恩感謝のつもりで、英霊が志なかばでできなかったことをやり遂げる義務があると思います。アジア解放も日本の自存自衛も、結局完全には出来ていません。

ましてや、日本が率先して欧米列強の手先になっている今の現状は、天皇陛下と靖国の英霊に申し訳ないと思います。

今のビルマ(ミャンマー)では仏教徒とムスリムの対立が起きています。これは神の御心、仏の御心ではありません。

インドでもヒンドゥー教徒とムスリムの対立が起きていますが、仏教復興運動によって大調和の世界実現への道筋が見えつつあります。

今度は武力を用いることなく、この世がこのまま浄土である実相を顕現させ、日本肇国の理念である「八紘為宇」を成し遂げられたら、と思っています。

 (13056)
日時:2019年05月15日 (水) 13時29分
名前:備考班


神武(じんむ)天皇が大和(やまと)橿原(かしはら)に都を定めたとき

の神勅に「六合(くにのうち)を兼ねてもって都を開き、八紘(あめの

した)をおおいて宇(いえ)と為(せ)んこと、またよからずや」(日本

書紀)とある。ここにあるのは「八紘為宇」という文字であるが、

1940年(昭和15)8月、第二次近衛(このえ)内閣が基本国策要綱で大

東亜新秩序の建設をうたった際、「皇国の国是は八紘を一宇とする

肇国(ちょうこく)の大精神に基」づくと述べた。これが「八紘一

宇」という文字が公式に使われた最初である。爾来(じらい)、教学

刷新評議会で「国体観念をあきらかにする教育」を論ずるなかなど

で頻繁に使用された。国柱会(こくちゅうかい)の田中智学(ちがく)

もしばしばこの文字を使った。すべて「大東亜共栄圏の建設、ひい

ては世界万国を日本天皇の御稜威(みいづ)の下に統合し、おのおの

の国をしてそのところを得しめようとする理想」の表明であったと

されるが、太平洋戦争における日本の敗戦によって、万事休した。


出典  日本大百科全書

副作用(笑) (25088)
日時:2020年03月29日 (日) 15時12分
名前:千葉教区青年会会員

>「『凡庸の唄』を青年に読ませると、副作用があるのではないかと心配した。」<



   それなのに読む訳ね。(笑)



Number
Pass
管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板