357504


利用上の注意は>>>>こちら
携帯からは>>>>こちら

ここはひとりでぼそっとつぶやきたい方への板です。

書き込みへの返信はできません。話題を続けたいときはパブへどうぞ

怒鳴り系・ほのめかし系の書き込みは、「自分へ向けられたものか」と恐怖感を持ってしまう人がいますので、ご遠慮下さい。

ホームページへ戻る

お名前
タイトル
本 文
クッキー

No.[4986] :ふしぎなこと

 投稿者:薫来


大喧嘩して、別れて、しばらくが経つ。
無意識レベルのモラハラまで含めて全部相手に突きつけてぶちまけた。
相手からもぶつけられた。
別によりは戻さないが・・、最近ようやく客観的に見れるようになって私達はお互いに同じことをやりあっていたことも認められるようになってきた・・。
もういいとかわるいとかでもなくなってきて、ようやくだけれど・・、少しだけ過去のこと・・、少しだけ思い出・・になってきたみたい。
それが嬉しかった。
そして自分でも意外な事にふしぎと少しだけ残念で寂しく感じた。
相手と繋がりが切れてしまうこと、自分が被害者になれなくなること、本当にしがらみも縁もひとつおしまいになってとうとうひとりぼっちになってしまったこと・・。
しがらみを断ち切りたかったけれど、ひとりになってふしぎと良いことも辛いこともあったすべての日々と相手に感謝が沸いた。
演技みたいな大げさな感謝じゃなくてただ静かなぽつりとした感謝。
感謝できたその自分が前よりすこしだけ一歩踏み出せた気がして嬉しかった。
そうしたらあの人が変わっていたよ・・。人から聞いた。反省したって。離れてみてわかったことや感謝があったって。
・・・これで本当に終わる。
本当にありがとう。私と出逢ってくれて。
一緒に生きてくれて。

[2024年04月20日 (土) 21時08分]


No.[4985] :子の利益とは

 投稿者:しじみばな


午前の参議院質疑にて子の利益の定義をお答えください、との質問。法務大臣の回答「状況によって様々な解釈が考えられるため一概にはお答え出来ません」といった内容。
…すっごくモヤモヤしました。何かというと子の利益を第一に、子の利益に反しないように、と言っているのに、肝心なその定義が無いなんて!!!

裁判所や別居親の解釈でいくらでも歪められてしまう。とても驚いて、同時に深く失望しました。

子の利益って、単純な事ですよね?
子供が安全な環境で安心して生活出来ること。自律的な思考を育み、心身ともに健やかな成長を目指すこと。勉学や体験の機会など、様々な経験を通して自己肯定感や信頼関係の構築、善悪の判断が出来るようになること。

これはただの一般市民がパッと思いついたものですが、せめてその一般市民をモヤモヤさせないような回答をして欲しかったです。
それとも言ってしまったら共同親権が明らかに子の利益に反する事が露呈されてしまうから逃げたのか?…いずれにしても納得出来ないし許せません。

このまま数々の懸念に対して何も具体的な対策が示されないまま施行されたらと思うと絶望感しかないです。

[2024年04月19日 (金) 12時15分]


No.[4984] :巧妙な人

 投稿者:T


夫の母、義母は物腰は柔らかく人当たりも良く、一見すると優しく女らしい女性です。攻撃的な話しかけなどは皆無でした。ですから誰から見ても優しいお姑さんと言われてきました。しかし、話の内容は実に巧妙で、話しに耳を傾けざるを得ない様に、それを拒否する方が悪い女性の様になってしまう事でした。信じられないほど、彼女の話し方は巧妙に長けていました。
話の内容も、良い人の話しに違いはないのですが。長く聞いていると頭がくらくらしてしまいました。何処がどう違うのか、説明する事が難しいのですが。
彼女の話し方には、彼女の意見に、反対を唱えることはできない様になっている事でした。それを言うことは私が悪者になる様な心理的な操作されている話し方です。こんな事がありました。夫の弟の嫁について、彼女に意見してやってほしいとまで、言われたのでした。それはいい事とは思えず、即丁寧に断りました。私はいつも彼女の話には、緊張感が伴いました。彼女はいつも私を支配しようと、柔らかな笑顔でやってきたのです。
もしこれが、頭ごなしに命令する人ならば、誰にでもわかりやすいでしょう。
こうした、実に巧妙な話し方をする人が、夫の母でした。

[2024年04月13日 (土) 03時17分]


No.[4983] :衆議院法務委員会可決

 投稿者:しじみばな


今日の決議の様子を見ていて気になった事があります。

法務大臣や推進派の方々は、繰り返し「適切な判断、適切な対応」や「親に対する義務化、妨害等をしないよう義務化」などの、適切な・義務化と述べられてましたが、適切な判断や対応が出来ないあるいは出来なかった場合、また義務違反をした・違反があった場合については完全にスルーで何も対策を取られていないのでは?という疑問です。

DV・モラハラ人格者は不適切・義務違反を平気で行う傾向があるので、そういった懸念もしっかり認識してしかるべき罰則なり対応策を取り決めて提示しないといけないと思います。

あと、離婚届を出す際に共同親権に関する周知を徹底する(維新の会の推進派の方は、共同親権の合意の真意については離婚届に「理解した」などの欄を設ける方法もありますねみたいな事をチラッと言ってて震撼しましたが)と述べられてましたが、共同親権が通ったらもう結婚した時点で離婚出来ないようなものなので、カップルが婚姻届を出す時に、婚姻関係を結ぶ前に、共同親権についての周知を徹底するべきだと思います。

それによって独身者の増加や少子化がますます加速するとしたら、それは国が誤った法案を通した結果でしょう。

[2024年04月12日 (金) 23時32分]


No.[4982] :相談する相手を選ぶ

 投稿者:T


以前、親しくなった人が居ましたが、彼女の夫もやはり同じような夫のようでした。それで彼女はやりきれない思いで、グループで一緒にお茶をした時に、夫の事を話したそうです。そうすると、「あなたは夫の操縦が下手な人なのね。」という思いがけない返事をもらったそうです。
日常にあるちょっとした愚痴かもしれません。ただ聞いて欲しいと思っただけかもしれませんが、相手には、必ずしも同情心がある人ばかりではないのです。
彼女はとても傷ついてしまったのです。女同士でさえ、このような事があるので、相談をする相手を選ぶことも
大切だと思いました。同じような境遇でなくても、想像力が働く人とそうでない人もいるのが、現実なのです。
また、悩ましい事ですが、他人より親や姉妹の方が、話を聞いてもらえるかもしれません。また、離婚経験者に話をして見ることも、何かしら助言を受けることができるでしょう。

[2024年04月12日 (金) 14時28分]


No.[4981] :条件付きの愛

 投稿者:T


夫を見て来て、その養育家庭において義母に不可解さを感じたのは何度もありました。そうした不可解さを義父は何もわかっていないようでした。義父母の仲はとても良い状態でしたから、それが一番良い事でしたが、それは義母についての不可解さを義父は少しも不可解だと感じていないのです。ですから義母の条件付きの愛が訂正されることも無かったのです。
子育てにおいて、条件付きの愛ほど支配的なものはありません。子供は親の支配を息苦しくても、受け入れるしかすべがないでしょう。義母は大事に大事に育てたと自負して言いました。それは誰でも親ならそうですが、自分のしてきた事をことさら強調するほど彼女は没頭していたのでしょう。しかも条件付きの愛によって、夫は調教された様です。夫は自尊心が育っていませんでした。
プライドが高く、それを口にするのも私は不快感を感じてしまいます。支配しているとは自覚もない親でした。ですから結婚後に私も彼女から支配されたのでした。義母の話を聞くと、彼女が帰った後私はフラフラしました。支配欲は、私にも及んで来ました。そして私は彼女を受け入れる事が出来ませんでした。

[2024年04月12日 (金) 02時05分]


No.[4980] :疑問だらけです

 投稿者:しじみばな


五 共同養育計画の作成を離婚時の義務とし、離婚の成立要件とすること。子供と離れて暮らす親に年間百日以上の面会・養育を義務化すること。養育費を取り決めること。

六 DVの判断は、被害を申し立てた者の主観的な意見を行政が安易に受理するのではなく、警察の捜査を義務づけ証拠主義とすること。特に精神的DVの主張については、双方の主張を丁寧に聴取し、客観的な基準による専門家の確認の手順を加えること。親権・監護権の獲得等を目的とする捏造DVは、悪意的な行為と認定し罰則を強化すること。
-------------------------------------
衆議院のHPに掲載されている、共同親権の請願内容の一部です。

DVの判断は証拠主義。→証拠が残りにくい性暴力や巧妙な暴力はDVとして認められない?

精神的DVは双方の主張を丁寧に聴取。→ある事ない事言って被害者を貶める加害者の主張も丁寧に聴取?ちゃんと見抜いてくれるのか?

捏造DVの罰則強化。→腹を蹴られても証拠が残らなければ捏造となり罰則対象となる?養育費については取り決めるとの記載だけで不払いの罰則には一切触れていないのは何故?

[2024年04月11日 (木) 21時55分]


No.[4979] :人格障害者は愛がわからない

 投稿者:T


夫について不可解な出来事が目の前で起きた時、私自身はどうだったのでしょうか? 若い私は、簡単に夫を許していました。それは小さなことであった為でしたが、今にして思えば、その様な事が沢山ありました。浮気がバレるとかでしたら、大ごとになるけれど、そういったことではなかったのです。
自分の考えと違う人だと、理解する様に努めていました。なんて事でしょう。
私は利用されやすい人間だったのかもしれません。
小さな事は、愛を知らない人、愛があればその様な考えや行動にはならないだろうと、当時も瞬間的にわたしは自分で意識してました。
ただ、何でも自分でやって来たので、誰にも話して相談する事すら考えませんでした。辛抱強い私でした。無理は無意識でしたし、コレは自分を守るためとは成りませんでした。人生は泥沼の道が見えていませんでした。

[2024年04月09日 (火) 04時30分]


No.[4978] :思い出しました

 投稿者:しじみばな


小部屋にあげて下さった、国会中継と共同親権反対のデモを拝見して思い出しました。

弁護士を通して離婚の意志を元モラ夫に伝えた時、同情を誘うのが目的なウソ八百の白々しい手紙が送られ、その中に書いてあった事。

「今の世の中、母子家庭の貧困が社会問題になっています。だから離婚なんかしない方が、子供の将来のためには良いのではないでしょうか?」

その後裁判まで持ち込みやっとの思いで離婚成立、養育費もきちんと取り決められたのに、養育費全く振り込まれず。

母子家庭の貧困について認識していたはずなのに。その母子のうち子供は自分の子なのに。
子供の将来の事なんて全く考えてない。
そもそも一緒に生活する事すら不可能な状況になって、身の安全を確保するために離婚せざるを得なかったのに。

そんな相手に子供の事に関する決定権を持たせるなんて、本当にどうかしてるとしか思えないです。

[2024年04月07日 (日) 01時05分]


No.[4977] :絶望しかけた時に

 投稿者:どんこ


最近世の中全体がモラハラだなって感じる。
つまり政治の世界も冷酷で当然陰謀渦巻いてると思う。
権力者はサイコパスが多いしそうゆう奴がのしあがってく。
子どもたちのいじめがなくならないわけだよ。
大人の世界がそうなんだから。
でも絶望しかけるとブルーハーツの懐かしい歌が頭をよぎる。

ここは天国じゃないんだ
かといって地獄でもない
良い奴ばかりじゃないけど
悪い奴ばかりでもない
copyright ザ・ブルーハーツ

[2024年04月06日 (土) 00時23分]




Number
Pass