無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする


分からない事はネットで知っている人に聞いて相談しましょう!

ホームページへ戻る


質問・相談
投稿者
メールアドレス
タイトル
内容
重要度
削除キー 項目の保存


質問:今後の作品は?
投稿者: 陣


予想というだけでなく、期待というだけでも結構です。

記事番号:39

重要度:☆★☆★☆

2014年06月17日 (火) 23時45分 質問に対して答える

答え:続編としては
投稿者: 陣


 『ハーレムシスター3』。

 今回の内容を見て、意外と近い時期に実現しそうな予感。

 あるいは『クイーン』の次の「エルフィンvsヒルクルス」の舞台作品の前にとなるか。

記事番号:40

重要度:★☆★☆

2014年06月19日 (木) 21時31分
(67) (55)

答え:新作としては
投稿者: 陣


 実現性の高さも考慮すれば、やはりなんといってもリュークの本格主役編。

 当然に舞台はフルセン側から見ての「バロムリスト戦役」であり、それに続くドモスとの「第二次フレイア戦役」。

 もちろんカーラもメイン登場で、恒例の第一声はやはり彼女の「リューク〜♪」とでもなるのか。

 (で。思い切り「過去の男」どもである、エルフィンとロクトに見せ付けまくりと。)

 ただしそうなると、初登場の『息子』との兼ね合いが出てくるので、未収録分も合わせての『アーカイブス』の市販化が先になるか。

 (あるいは同時発売とかで。)

記事番号:47

重要度:★☆★☆

2014年06月22日 (日) 14時15分
(49) (57)

答え:新主人公として
投稿者: 陣


 やはり期待は「ランディの甥」にも当たる「エレンツオ(とレイン)の息子」。

 一時的にもガーブネスに降ったマリオベール家の譜代衆に比べ、新参の傭兵上がりとはいえ、功績者として成果を挙げたはずだけに、その一家のその後も見たいところ。

 やはりユージン家の修羅の血を引くという感じで、雲山朝と再手切れ後のレナス一門との抗争もさりながら、「主人公失格」の父に代わり、セシルの数多い異母娘たちとのハーレムドラマにも期待。

 (あるいは冷飯組となったはずの、レオの娘とも絡んだりして。)


 そしてどうせなら今回のバロムリスト戦役にも「未来の義父」の護衛役みたいな感じで同行したというなら面白い。

 そこで当然「叔父」との初対面も実現。

 あまり実戦に強くなさそうなランディだけに、その危険に加勢に飛び込むというのも良いかも。

記事番号:48

重要度:★☆★☆

2014年06月23日 (月) 23時46分
(52) (50)

答え:
投稿者: ヒルクルス支持者


やっぱり『ハーレムシスター3』ですね。
と言いつつ前作からもう3年ですか…。
もう無理な気がしてきました。

記事番号:58

重要度:☆

2014年07月11日 (金) 22時05分
(56) (53)

答え:唐突ですが
投稿者: 陣


ハーレムマスカレード2。

見たばかりですが、俄然見たくなりました。

記事番号:62

重要度:☆★☆

2014年08月14日 (木) 10時14分
(53) (51)

答え:文庫ではないのですが
投稿者: シャング


 自分が期待しているのは、かん奈先生による「コミック版ハーレムレジスタンス」。

 原作が「キャッスル」や「ウェディング」に引けをとらない人気作であり、かん奈先生も同人誌などで多くの漫画を執筆してきた功績があるので実現の可能性も低くはないはず。

 内容は原作と違って戦記色を減らし「キャッスル」のような日常でのイチャラブエッチをメインにして、また主人公もエルフィンだけでなくリュークやロクトを主役にした番外回も描かれてほしいです。

記事番号:74

重要度:☆★☆

2014年12月20日 (土) 21時15分
(45) (57)

答え:どうせなら
投稿者: 陣


 ロージーのデザインを先行公開というのも面白そうですね。

記事番号:75

重要度:☆★☆

2015年01月20日 (火) 18時45分
(40) (52)




質問:もしもニーデンベルグがドモス側になったら?
投稿者: 陣


初見以来、どうしても頭を離れない問題。

皆様の御意見を是非。

記事番号:37

重要度:☆★☆★☆

2014年06月16日 (月) 23時34分 質問に対して答える

答え:自分の場合
投稿者: 陣


@バロムリストが地理的に他の西国同盟から切り離され、完全に孤立化する。(いわば「首を切られた頭」となる)

A自治都市ビーナスはある程度の抵抗をするかもだが、他の諸国の援護を受けても、海上側からだけでは長く持たない。

B(おそらく今回でも重要な役割を果たしたはずの)ビーナスまでもがドモスに降伏すれば、重要な中継港を失い、バロムリストへの補給連絡は海路からでも困難となる。(あるいは「軍事的利用の禁止」くらいで妥協が出来るかもだが、それでも西国同盟の方が損失が大きい。)

Cそうなれば西国同盟としてはバロムリストを断念し(対ドモス降伏をも含めた)「行動の自由」を認めざるをえなくなる。(少なくともバロムリストの非を鳴らす事は出来ない)

Dそれが出来ないというのなら、例の「空気の読めないハイエナ」様に縋り、半島側の港湾を中継用に使用させてもらうしかなくなる。

Eあるいはその辺りで「盗賊王」陛下の正妃にシェルファニールあたりの王女を送り込むという事にでもなるのか。


(結論)取り敢えず作品ラストに描かれた「(少なくともアーゼルハイトの存命中の)永遠に続く綱渡り」という言葉を解釈するに、バロムリストは「独立国」としては存続するが、一種の「緩衝国家」としての役割に限定されると思われる。

記事番号:38

重要度:★☆★☆

2014年06月16日 (月) 23時50分
(48) (54)




質問:バロムリストでイシュタールはどう戦ったのか?
投稿者: 陣


皆様の御意見を是非。

記事番号:35

重要度:☆★☆★☆

2014年06月14日 (土) 00時25分 質問に対して答える

答え:自分の場合
投稿者: 陣


 あくまで記述上からの解釈ですが、開戦の時点ではほぼ間違いなく「総予備」として控えていたと予想。

 「後方」にまで下がっていたかどうかは分かりませんが、明らかにこの段階での戦闘への積極参加は無く、総指揮権を任されたシハラムとしても、その想定は無かったはず。


 これを言ったらまたファンを怒らせるかもですが、記述上から考えるに、最低でも「十四年」もの間、軍としてまともな戦闘経験が無かった模様の、イシュタールの場合、実際の戦闘に突入した際、果たしてどれだけ役に立つのかが全く当てにならなかったはず。

 (そしてそれは「盟主」に「国王」であるフィリックスが一番に承知していているべきわけで、本作冒頭の「国王即位」にも対応している感じの、「指揮権譲渡」にはその意味も込められていたはず。)

 そしてもし戦闘レベルで下手な醜態を晒し「盟主」としての威信が損なわれた場合、イシュタールだけでなく、同盟国としても壊滅的な政治損失を起こしてしまいかねないわけであり、その意味でも(戦闘経験に勝るはずの)同盟国としては「温存」を理解承知していたはずと。

 (『ジェネラル』での記述を借りるなら、まさに「落馬でもされたら士気に関わる」から「輿の上で格好良くしていてくれ」というわけで。)


 だからもしイシュタールが戦闘参加したとするならば、それはやはり最後の(作中では描かれていない)総追撃段階。

 ここならば「見せ場」を演出するのにリスクは低いというわけで、当然に期待は、一介の「戦士」としてならイシュタールでは数少ない大陸クラスの実力者であるはずのウルスラ。

 今回は触れられていないものの、イシュタールとしても危険な存在である、ヒルクルスを始末するためにも、相当な深入りを行った可能性もあり、あるいはここでグレイセンとの再戦が実現したのか。

 その場合、この時点ではグレイセンも相当な戦闘経験をしているでしょうが、状況的にも、そこまで長時間戦っていたはずなだけに、あるいは苦戦した可能性も大。

 ただしここにはあのヴィクトリアも参戦していただけに、あるいはここでウルスラとの初対決も実現していたかもと想像するのは実に楽しい。

 (あの魔法剣の威力に対し、ウルスラが対処できたか否かも気になりますが。)


 いずれにせよ、シハラムの「追撃停止」によって、ヒルクルスを取り逃がしたのは確かであり、(もはや四十近くになっているはずの)彼女の年令も含めた、今後の機会の可能性も考えれば、まさに「長蛇を逸した」ということにもなるのか。

 それもあっての戦後の「鋭い視線」だというなら、それもまた面白いところ。

 あの忌々しいユーフォリアの弟だという事も当然知っているはずなだけに。

記事番号:36

重要度:☆★☆

2014年06月14日 (土) 10時11分
(49) (64)

答え:基本的に同意します
投稿者: 転愚


陣さんの言われる通り、控えの圧力と
しての役割しか果たしてないと思います
ね(^^)かつての内乱から14年たち、国力
も表面的には回復したでしょうが人的な
損失というのは10年やそこらじゃ回復し
ませんからね☻まして外戚勢力に掌握さ
れた軍部ではドモスのような実力主義の
登用など望むべくもないですし、何より
タコツボの平安に浸ってきたあの国から
船に積まれて遠国に引っ張って来られた
一般兵士にどれだけの戦意が期待出来る
か極めて心許ないですね(^o^)
イシュタール派の方々には気の毒ですが
今回の戦いはむしろ西国同盟軍が未だに
単独でドモスに対抗するのが困難である
ことを浮き彫りにしたという印象を受け
ましたね(^ ^)何せ半分近くが現地調達の
寄せ集めの敵軍と良い勝負だったんです
からね(^O^)

記事番号:56

重要度:☆

2014年07月01日 (火) 09時06分
(55) (43)

答え:それも
投稿者: 陣


南方諸国勢まで加勢しての結果ですからね。

独力ではとてもとてもと。

記事番号:135

重要度:☆★☆

2016年01月30日 (土) 13時15分
(40) (48)




質問:シャクティは本当に有能なのか?
投稿者: 陣


 ファンは怒るでしょうが、別レスでも言ったように、自分としてはどうしても「引っ掛かる」人物の一人。

 「有能」の意味や、その条件や範囲についても、お願いします。

記事番号:27

重要度:☆★☆

2014年06月07日 (土) 14時15分 質問に対して答える

答え:
投稿者: フィリックス賛美者


ハーレムシリーズ最高軍師

記事番号:33

重要度:☆★☆★☆

2014年06月09日 (月) 10時53分
(51) (55)

答え:自分の場合
投稿者: 陣


少なくとも現在は「外交官」という感じですよね。

それも「説客」というよりは「メッセンジャー」という感じで。

記事番号:49

重要度:☆★☆

2014年06月24日 (火) 18時43分
(63) (51)

答え:シャクティについて
投稿者: 転愚


はっきり言って、変人軍師・仙女軍師と
呼ぶのが一番しっくり来ます。確かに
上手くツボにハマれば凄い成果を出すで
しょうが小国の軍師としちゃ危なっかしく
て見てられません、何か彼女を見ていると
黒島亀人を連想するんですよね(^o^)

記事番号:55

重要度:☆

2014年06月30日 (月) 16時10分
(54) (49)




質問:新旧二つの『黄金竜』でどちらが好きですか?
投稿者: 陣


出来れば、好きなポイントもお願いいたします。

記事番号:19

重要度:☆★☆★☆

2014年06月05日 (木) 19時30分 質問に対して答える

答え:自分の場合
投稿者: 陣


 敢えて言うなら「上巻は新」「下巻は旧」というところでしょうか。

 もちろんルーシーやバーンズの追加台詞など、新の下巻についても、前より良くなった部分は多いですが、前に比べて「惜しい」「弱い」と思ったのが実は二ヶ所。

 まず一つはアンサンドラの扱い。

 旧作にあった「秘められたる危険な野心」が減殺され、むしろ『ジェネシス』で語られた「本当は心優しい」が優先されている感じ。

 そしてもう一つがラスト部分。

 「神聖帝国」に向かう時代説明の削除はまだしも、まさに「小説」ならではの演出であった、ラストページの余韻が無くなってしまったのがとにかく惜しい。


 しかし新旧いずれにしろ共通点として感じるのは、「最終的にアンサンドラの野望を砕くのは、間違いなくミミ」という可能性だと。

記事番号:32

重要度:☆★☆★☆

2014年06月08日 (日) 14時30分
(53) (63)




質問:なぜヴラッドヴェインはオルディーンを裏切ったのか?
投稿者: 陣


 以後、百年を超える「ラルフィント分裂」の決定打となった大事件。

 「地位」や「研究費」の問題など、どう見ても劇中における理由が見当たらないだけに、皆様の推測を是非。

記事番号:15

重要度:☆★☆★☆

2014年06月02日 (月) 22時54分 質問に対して答える

答え:自分の場合
投稿者: 陣


 要するに「浮かれ過ぎ」の連中の様子を見て、なんとなく「足を引っ掛けて」みたくなっただけのような。

 あるいは「多少の波風」程度に考えていたかもですが、結果的に「ここまで馬鹿とは思わなかった」とかだったのかも。

記事番号:26

重要度:☆★☆

2014年06月07日 (土) 00時25分
(53) (52)




質問:キャッスル5は刊行されるか?
投稿者: 陣


出来ますれば皆様の予想や期待も是非。

記事番号:10

重要度:☆★☆★☆

2014年06月02日 (月) 12時48分 質問に対して答える

答え:
投稿者: フィリックス賛美者


出る

記事番号:11

重要度:☆★☆★☆

2014年06月02日 (月) 19時52分
(53) (59)

答え:自分の場合
投稿者: 陣


 キャッスル掲示板でも書いてますが、出るとすれば、やはり残るクレオンレーゼへの国外派兵編を期待。

 出来れば(『ジェネラル』と『ウォーリア』みたいに)『シスター3』とのタイアップというかリバーシブルな構成で。

記事番号:29

重要度:☆★☆

2014年06月07日 (土) 15時00分
(49) (60)

答え:どうせなら
投稿者: 陣


 前日談という形で「フィリックスの父」というタイトルの外伝も面白いかも。

 当然に主役は生前のローゲンハイドで、マリンカも登場。

 しかし最大の売りはやはり「少女時代のグロリアーナ」か。

記事番号:52

重要度:★☆

2014年06月25日 (水) 19時15分
(46) (54)




質問:好きなキャラ(主人公以外)は?
投稿者: 陣


 忘れてましたが、当然こちらも。

 もちろん「気になる」「気を引く」程度でも結構です。

記事番号:8

重要度:☆★☆★☆

2014年06月01日 (日) 19時53分 質問に対して答える

答え:
投稿者: フィリックス賛美者


ウルスラ グロリアーナ シャクティ

記事番号:16

重要度:☆★☆★☆

2014年06月02日 (月) 23時45分
(47) (54)

答え:自分の場合
投稿者: 陣


 ハーレムの編成としては、やはり『アカデミー』での、エリンシア・パールパティ・セライナの三人がベスト。


 あと男性系で言うなら、エレンツォやカスピアン、ロミオやユベールといった具合に、十分な「主人公有資格者」でありながら、あくまで脇で存在感を示すタイプ。

 その意味で言えば、ベルゼイアやモーレのような、老練な重鎮も好みです。

記事番号:28

重要度:★☆★☆

2014年06月07日 (土) 14時30分
(45) (57)




質問:嫌いなキャラは?
投稿者: 陣


 まあ。一応「好き」があるならこちらもという程度で。

 積極的に「嫌い」でなくとも、扱いを含めて「引っ掛かる」とか「気に入らない」くらいでも結構です。

記事番号:7

重要度:☆

2014年06月01日 (日) 19時51分 質問に対して答える

答え:自分の場合
投稿者: 陣



 「引っ掛かる」というか「このままで大丈夫なのか」という意味において、シャクティ、ネメシス、フランギース。

 あと「これからがヤバイ」と思うのがツキヨミと。
 

記事番号:14

重要度:☆

2014年06月02日 (月) 22時50分
(56) (41)

答え:
投稿者: フィリックス賛美者


ヒルクルス

記事番号:17

重要度:☆

2014年06月02日 (月) 23時47分
(53) (51)

答え:自分の場合
投稿者: シャング


 雲山朝の作品がどれも自分にとって良作だったのでレナス家の躍進に複雑な思いがあります。
 レナス家にも好きなキャラはいるのですが、「レジスタンス」や「レボリューション」と違って読者視点からの正当性のようなものが無い気がするので。

記事番号:21

重要度:☆

2014年06月06日 (金) 19時36分
(50) (52)

答え:ジャングさんへ
投稿者: 陣



 別レスで言いましたように、未だに好きな主人公の一人である、ケーニアスの煩悩パワーが強烈な『アカデミー』までは、確かに楽しめましたが、『プリズナー』以降のレナス系作品については、どうしても引っ掛かる部分が多いんですよね。

 特に最初に「引っ掛かった」のが、やはりシャーミーナへのネメシスの「虐待」場面。

 単に「非道」というだけでなく、政治的に得とも思えない所業を彼女に許しているという点に、どうしてもバージゼルや三姉妹への疑問や危惧を感じざるを得ないんですよね。

 本家の「嫡子」であるはずのクリエートとの関係も含め、その辺りの「危うさ」は『アサシン』や『フォーチュン』にもありましたが、ウェルキンが「かすかなヒビ」だというなら、彼女はもっと大きな「あからさまなヒビ」ではないのかとか。
 

 それだけに『カーニバル』以後における、非レナス系のラルフィント作品群の登場は大きく、その後のセシルやニルヴァーナ、そしてギャナックに触れた作品群には大期待なんですよね。

 特にエレンツオ一家が流れ着いた、マリオベール家の活躍には。

記事番号:25

重要度:☆★☆★☆

2014年06月06日 (金) 23時49分
(45) (44)

答え:あともう一人
投稿者: 陣


 雲山朝系のキャラというなら、やはりセライナ。

 果たして彼女がダイスト直系のカレル家の後継者かは不明ですが、あのネメシスなら「関係あるなら落として来い!」とでもケーニアスに命じそうな感じ。

 ただしセライナも「下僕の誓いを忘れたか!?」とやりそうなだけに、板挟みのあげく、あるいは婚家も実家も、自分の家族もハーレムも捨てて国外逃亡するかも。

 「あの」ケーニアスなら。

記事番号:34

重要度:☆★☆

2014年06月09日 (月) 20時24分
(52) (47)

答え:最新作を見て
投稿者: 陣



 少なくともこの時点でのスペンサー。

 こういう奴を徹底的なまでに嫌わなくてはその他前部の主人公達に失礼と思えるくらいに。

記事番号:89

重要度:☆

2015年08月20日 (木) 22時39分
(42) (40)




質問:好きな主人公は?
投稿者: 陣


神聖帝国シリーズで好きな主人公を教えてください。

もちろん好きなだけ結構です。

記事番号:5

重要度:☆★☆★☆

2014年05月31日 (土) 16時03分 質問に対して答える

答え:自分の場合
投稿者: 陣


 やはり「初体験の主人公」ということもあってか、どうしても贔屓目に期待してしまうのがエルフィン。

 ただし「その後を見たい」という意味で、ここ数年で急速に上がっているのがセシル。

 またキャラその物が「面白い」「楽しい」という点では、煩悩パワー大爆発のケーニアス。

 そしてシリーズ全体の帰趨という点では、やはりヒルクルスと。

記事番号:6

重要度:☆★☆★☆

2014年05月31日 (土) 16時09分
(42) (47)

答え:
投稿者: フィリックス賛美者


当然フィリックス

記事番号:9

重要度:☆★☆★☆

2014年06月02日 (月) 09時47分
(57) (41)

答え:
投稿者: ヒルクルス支持者


 所謂ハーレム物のライトノベル(エロでもそうでなくても)の主人公でよくある‘‘無能なお人好し''も嫌いという訳でもないのですが……。 そういう主人公を立てるのに周囲の人間をもっと無能にしたり悪辣にするというのはあまり好きにはなれません。
 かといって何の脈絡もなく主人公が活躍するというのも不自然な気がします(いわゆる主人公補正)。
 そういう意味では元がある程度有能で、ハーレム要素が羨ましくないぐらいの苦労をしていて、環境に簡単には流されないくらい個性的、といった条件を満たしているキャラが好感を持てます。
 そのような理由でヒルクルス、ヘリオード、エルフィン、ベルンハルトでしょうか…。
 尤も、一番好きなのはヒルクルスですが…。

記事番号:59

重要度:☆

2014年07月11日 (金) 22時26分
(44) (58)

答え:特に
投稿者: 陣



 それまで「有能」そうに見えていたはずのキャラクターが主人公に絡むと途端に「馬鹿」や「間抜」になってしまうというのがありますよね。

 それも不自然なくらいに。

 ここ十年余りのアニメ作品などでも良く見られる傾向ですが、とにかく賛否を一番呼ぶ部分でもあると。

 

記事番号:66

重要度:☆

2014年10月28日 (火) 11時24分
(45) (42)







Number Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方   CGI改造作成
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板