音楽舎掲示板

記念に何か書いてください。

表紙へ戻る

名前
MAIL
URL
件名
内容
文字色
アップロード
削除キー COOKIE
RSS

このレスは下記の投稿への返信になります。内容が異なる場合はブラウザのバックにて戻ってください



[ No.5278 ] 作詩家協会通信作詩講座 優秀作品 2022年11月05日 (土) 08時16分
投稿者:時女礼子 mail

この度作詩家協会通信作詩講座の優秀作品が発表されました、2021年1月から2022年8月迄の作品1593編の中の7作品の中に杉江香代子さんが入られておりました。
杉江さん、おめでとうございます。7作品中3位と言う高成績です。「なかったことに、、、」は本当に何度読み返してもクスッと笑ってしまいます。杉江さんはレパートリーも広く何でも書かれる方ですからこれからもどうぞ頑張って楽しませて下さいませね。
皆様にお知らせしたくて仕事前に掲示板に向かいました。💐


[ No.5281 ] 時女さん、有難うございます^^* 2022年11月05日 (土) 11時10分
投稿者:杉江香代子

時女さん、お仕事前のお忙しい時にこの様なコメントを入れて下さったなんて、本当に有難うございます。地方故に東京方面より配達が遅れて、昨日の夕方に会報が配達されてきました。
その前に見つけて下さったある作詩家の先生が、ラインでものすごく喜んで下さってるお言葉を送って下さいましたが、本人は見ていないので…何とも迫力の欠けたお返事をするばかりでした^^:。
新人賞に次いで、大きく載せられておりました。こんな発表をされるなどとはこれっぽっちも思わず、プロの先生の評価と講評が欲しくて更に推敲して出しておりました。自信がない自分の感覚とプロの感覚が一致しているか?を知りたくて、出してきました。

「作品名五十音順」と小さく書いてありますので(笑)、上位何番目かは分かりません(爆笑)が、上手くなりたいと思う気持ちと、独りよがりになるまいと思う気持ちが原動力になっております。
ただ、新人賞の入選作品は別のものが入ったのでコンクールとは全く分からないものだ!と言うのが実感です。
一般者にも門が開かれております。応募なさるのも自惚れ鏡ではなく、シワもシミもそれなりに映し出される我が姿。冷水を掛けられるのも、誉められるのも、勉強になるのではないでしょうか?
冷や汗をかきながら体裁を整えている私です。虹のサイトでも何なりとアドバイスを頂けます事を心から願っております。


[ No.5283 ] おめでとうございます 2022年11月05日 (土) 15時56分
投稿者:林貞行

杉江代表、おめでとうございます。あくなきチャレンジ精神に敬意を表します。私は代表に背中を押して頂きながら、なかなか突進できませんが、心新たに幅を広げられるように頑張ります。


[ No.5284 ] 林さん、ボチボチと巻き返してね〜^^ 2022年11月05日 (土) 17時04分
投稿者:杉江香代子

林さん、有難うございます。お母様のご様子は如何でしょうか?痛みは取れてこられたのかと、案じておりました。
私の経験ですが、半年でも書かない期間が有りますと本当に書き方も忘れていますし、作詩の基本も覚束なくなりました。でも、大丈夫ですよ〜。スランプの時も同様だそうですが、書かない期間を乗り越えて書き方を思い出しますと「あら〜不思議」。更に階段を1段、2段上った作品が書ける様になります。
林さんに於かれましてはただ今、筆が行きつ戻りつされているかも知れませんが、大丈夫ですよ。これから素晴らしい作品をお書きになられると思っております。今回の大阪での作詩塾は敢えて、何方にも参加されるか?と、お聞き致しませんでした。もしかして?ひょっとして?林さんがいらっしゃるかな?徳田さんがいらっしゃるかな?と思っておりました。参加名簿も頂かないので、お目に掛かる人が本日の参加者と言う方針のセミナーなので、自分も緊張の中…ひょっとしてと楽しみに致しておりました。

下記の新人賞の最優秀者もそうですが、文字に関わっておられた方や短歌をなさってきた方が素晴らし表現をなさいます。背中を押しておりますが、腕も引っ張りますのでここまで来てください。
私もながいさつきさんが「ここで待っているから!!」と言われて…田浦さんに水たまりがあれば手を引かれて乗り越えてきました。萩原先生に基本から厳しく教えて頂き、見ていて下さると思うだけで今でも安心いたします。まだまだ頂上ではありませんが、私もここで待っております。


[ No.5285 ] 「桜雨」に感動しました 2022年11月06日 (日) 10時31分
投稿者:林貞行

杉江代表、お気遣い、ありがとうございます。
老母が転倒して寝たきり状態になってから1カ月近くになりますが、数日前から歩行器を使って一人で歩けるようになりました。お陰様で回復に向かっているようです。ただその間、私自身が尿管結石の破砕手術、ばね指の治療などを行い、果ては娘の嫁ぎ先のお婆様が99歳で亡くなるなどバタバタしていました。
そんな中で「桜雨」を繰り返し拝聴し、癒されました。代表の詩もさることながら、観世丸さんの作曲・歌唱には心が洗われます。いわゆる作詞術、作曲術のレベルが高いからだとは思いますが、それ以上に歌に対する愛情が共感を呼ぶのでしょうか。他の作者で神経を逆なでするような独りよがりの曲(素人目ですが)にも時たま出会いますが、「桜雨」のように気持ちが休まり雑念をまじえず心静かに曲の世界に浸れるのが最高です。
返信場所が違いますが、そう思いました。


[ No.5287 ] 凄いですね。 2022年11月06日 (日) 17時36分
投稿者:Kinopy5 mail

杉江様 本当におめでとうございます。
これからも応援しています。


[ No.5288 ] まだまだですがステップの1つ 2022年11月07日 (月) 16時19分
投稿者:杉江香代子

林さん、家を触る時には色々なことが起こると聞きますが、大変でしたね。これから落ち着きましたらお待ち致しておりますので、書いて下さい。

Kinopy5さん、有難うございます。You Tubeの方にもコメントを頂戴しておりますのを存じておりますが、本当に力になります。
これは挑戦していく中での一つの結果だと受け止めております。まだまだこれからですので、応援のお言葉で座り込む様な気持ちが、頑張ろう!書いてやろう!の気持ちに切り替ります。お仲間あっての私ですので、今後とも宜しくお願い致します。





Number
Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板